2007年に目指すこと

年が明けて気持ちが改まりました。2007年は自分にとってどんな年なのか占いは気にしない性分ですが、今日ばかりは誕生月や血液型や生まれた年の運勢を見ています。縁の下の力持ち、人に尽くすというのが今年の自分の運勢のようです。職場ではそんな場面がありそうだと感じます。自己表現活動では派手なことはないようです。今まで通りコツコツ励むのがいいのかもしれません。目指すことは4月の個展の成功と、今年も夏ごろから本格化する新作の表現力の進化です。そのためにはまず健康が第一でしょう。スポーツクラブも継続予定です。誰もが願う無病促進、身体堅固、家内安全であってほしい1年です。

関連する投稿

  • 汐留の「和巧絶佳」展 東京新橋にあるパナソニック汐留美術館で開催されている「和巧絶佳」展に行ってきました。「和巧絶佳」とは何か、図録から引用すると「日本の伝統文化の価値を問い直す『和』の美、手わざの極致に挑む『巧』の美、 […]
  • イサム・ノグチ 石壁サークル 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]
  • 週末 積み重ねる作業の合間で… 週末になりました。今日は雨模様で気温も上がらず、凌ぎ易い一日になりました。朝8時に工房に出かけ、明日の成形のためにタタラを用意したり、前の陶彫成形でまだやり残している彫り込み加飾を行ないました。週末 […]
  • 週末 8点目と9点目の陶彫成形 新作は直方体の陶彫部品が数多く並ぶ風景を創出させる予定です。その直方体は単体もあれば3層に積み重なったものもあります。3層の陶彫部品は、上部の凹んだところに次の陶彫部品を積み重ねていく方法を取ってい […]

Comments are closed.