柄澤齊展

鎌倉にある県立近代美術館で「柄澤齊展」を開催しています。木口木版の緻密な表現で知られる作家ですが、初めてまとまった作品を見ることができました。あくまで木口木版が軸になって、モノタイプやコラージュに展開していく作風と理解しました。ただ、どれをとっても緻密さと深みを失うことがなく時間を忘れて見入ってしまうほどでした。木口木版は画面が小さく、ビュランで細い線を丹念に刻み込んでいくので、その小宇宙には神秘的な雰囲気が宿ります。とくに名のある人のポートレイトはその人となりを伝える表現が加わり、大変面白い世界を作っていました。挿絵も多く出品されていましたが、ひとつひとつが独立した作品と呼べる表現力があって凄みさえ感じさせる回顧展でした。

関連する投稿

  • 横浜の「バンクシー展」 横浜駅に隣接するアソビルで開催されているバンクシーの全貌を示す展覧会は「バンクシー展 […]
  • 橫浜の「エッシャー展」 既に終わってしまった展覧会の感想を述べるのは恐縮ですが、旧知の作品が多い有名な版画家の印象を改めて書きたいと思いました。オランダ人版画家M・C・エッシャーの作品を、私がいつ頃知ったか今も鮮烈に覚えて […]
  • 東京駅の「メスキータ展」 サミュエル・イェスルン・デ・メスキータは20世紀初頭に活躍したオランダの画家・版画家・デザイナーで、ユダヤ人だったためにナチスドイツの強制収容所で家族諸共処刑されています。彼がオランダの美術学校で教 […]
  • 三連休 絵画的作業 そのⅢ ゴールデンウィーク前半の三連休最終日です。朝6時から工房で三層目となるドリッピングの続きをやっていました。「発掘~地殻~」は畳6枚にそれぞれ木彫による半立体を接着し、油絵の具で支持体を作り、さらに絵 […]
  • 週末 久しぶりの制作&美術館 今日は朝から工房に篭って制作三昧でした。成形を5点やりましたが、今週は夜に工房に出かけて彫り込み加飾を行う予定です。そのために窯入れを敢えてやりませんでした。電力の関係で窯に作品を入れて焼成を行うと […]

Comments are closed.