土壁の表情

昨日の落ち葉のカタチに続いて、自然が作り出すもので注目してしまうのは壁です。本来壁は人が作ったものですが、雨にうたれ風にふかれるうちに崩れたり朽ち果てたりしていきます。その過程に大変美しく見える時があります。とくに土壁は剥がれ落ちた部分であったり、ヒビであったり、蔦が絡まったりして、人の手が及ばないところで美しい世界を見せてくれます。横浜ではなかなか見られない伝統的な土壁が、地方に行くとよく見られることがあるので、地方に行った時は必ず街をうろつくことにしています。とくに奈良の東大寺戒壇院に行く途中の土壁は何とも言えない美しさです。また、板塀も美しいものです。愛知県常滑の黒く塗られた板塀が、陶芸登り窯のレンガの煙突と絶妙なコントラストを作っていて、美しい風景のひとつだと思います。

関連する投稿

  • 12月RECORDは「円環の風景」 「~の風景」と題名をつけるのは今月が最後ですが、はたして風景という付加した題名にどのくらいの意味があったのか、自分で考えておきながら疑問が残ります。今までも風景を想定したRECORDを作ってきたので […]
  • 7月RECORDは「螺旋の風景」 通勤中に読んでいる「ヨーロッパの形 螺旋の文化史」(篠田知和基著 […]
  • 週末 新しい作品へ向けて 個展終了から早くも1週間が経ちました。間を開けずに新作を作り始めるのが私の流儀です。ちょっと休みたい気分になりますが、休息を入れるのは新作を作り始めてからと決めているのです。実際、新作の陶彫部品のひ […]
  • 「写生雑録帖」と「写生図巻」 根津美術館で開催されている「円山応挙展」に、応挙のエスキースと言うべき写生の原本が出品されています。応挙の完成度の高い写実的な絵画は、写生の原本に見られるような研鑽と修練によって到達した境地と言えま […]
  • 鉛筆に親しみを込めて… 数ある筆記用具の中で、自分は鉛筆に特別な思いを抱きます。職場の私の部屋には鉛筆削りがありませんでした。今日は自宅から鉛筆削りを持参してきました。鉛筆削りはアナログなものが好きで、電動は好みに合いませ […]

Comments are closed.