ジンギスカン料理

羊の肉は苦手です、と言うか苦手になってしまいました。かなり昔ウィーンの住宅を引き払った時に、エーゲ海沿岸に展開したギリシャ遺跡を見に3ヶ月余りトルコやギリシャを旅したことがあります。そのトルコで食傷するくらい羊肉を食べ、完全に辟易してしまったからです。臭いがするだけでジンギスカン料理は手が出なくなりました。ところが昨日能楽堂からの帰りになぜか和食ではなく、ジンギスカン料理を食べました。不思議なことに美味しく食べられました。トラウマは消えたのでしょうか。昨日は教え子と一緒で気兼ねが要らなかったおかげでしょうか。教え子の初々しい職場体験を聞いて自分も楽しかったので、羊肉なんて気にならなかったのかもしれません。食事の相手に感謝の夕べでした。

関連する投稿

  • ヴァシリー・カンディンスキーの授業 先日見に行った東京ステーション・ギャラリーで開催中の「きたれ、バウハウス」展では、バウハウスの教壇に立っていたロシア人画家ヴァシリー・カンディンスキーに関する資料が展示されていました。昨日は同じ立場 […]
  • 「心の旅人ケルト」について 「呪術としてのデザインー芸術民俗学の旅」(中嶋斉著 […]
  • 7月RECORDは「朱」 今年のRECORDは色彩をテーマにしています。一日1点ずつポストカード大の平面作品をRECORD(記録)と称して作っていますが、一日で作品が完成せず、下書きだけで終わってしまう日が多くあります。下書 […]
  • 草月プラザの「天国」 「イサム・ノグチ 庭の芸術への旅」(新見隆著 […]
  • 週末 留学について話し合った日 以前、相原工房で染色を基盤にしたアート作品を制作していた子が、久しぶりに顔を出しました。彼女は暫く中国に留学していて、そこの大学で染めのワークショップをやったり、自らの作品を作って発表していたのでし […]

Comments are closed.