「日本流」を読み始める

「日本流」(松岡正剛著 筑摩書房)を読み始めました。著者の松岡正剛氏はネットにある「千夜千冊」でその名を知り、その読書歴の凄さと書籍に対する視点と解釈に魅せられてきました。私自身が難解な書籍に挑んでいる時に、「千夜千冊」を見ると同じ書籍の論考が掲載してあって、随分助けられました。ただし、氏の文章は単純な解説ではなく、独特な言い回しがあって、その面白さに圧倒されて、成程こういうことを考えている人もいるのかと思ったことが何度もありました。とりわけ難しいと思っていた哲学書などもエピソードを交えて軽妙に語られていて、しかもその概観する視点に眼から鱗が落ちることもありました。「千夜千冊」の書籍の分類も独特で、その主旨を掴めば、そうした分類は理解できるものの、初めて見た者にとっては分かり易い索引ではないと思いました。そうした氏の知識の横断的または縦断的視点を遺憾なく発揮しているのが本書ではないかと期待して購入したのでした。本書の章も「千夜千冊」と同じくらい独特な雰囲気があって、興味が湧き上がります。「日本が思う」「日本を語る」「日本で装う」「日本へ移す」「日本に祭る」「日本と遊ぶ」「日本は歌う」という具合で、どんな論考が飛び出してくるのか、楽しみでなりません。序章を捲ってみると日本で歌われている童謡が登場していました。日本の童謡は哀しい歌詞が多く、情緒にしっとり浸っている反面、突き詰めれば気分が落ち込んでしまうメロディが定番になっています。松尾流ではこの文化にどんな味付けをするのか、日本的ではなく日本流にしたところに著者の思いが籠められているような気がしています。通勤の共に最適かもしれません。

関連する投稿

  • 「ある日の彫刻家」読後感 「ある日の彫刻家」(酒井忠康著 […]
  • 彫刻家父子の往復書簡を思い出す 現在、通勤時間に読んでいる「ある日の彫刻家」(酒井忠康著 […]
  • 上野の「奇想の系譜展」 先日、東京の4つの美術展を巡った時、私が一番身近に感じた展覧会は、東京都美術館で開催中の「奇想の系譜展」でした。嘗て読んだ美術史家辻惟雄氏による著作「奇想の系譜」は、日本美術史に斬新な視点を与え、そ […]
  • 「日本が思う 歌を忘れたカナリア」について 先日から「日本流」(松岡正剛著 筑摩書房)を読み始めています。序章は「日本が思う […]
  • 2月を振り返って… 2月は28日間しかない短い1ヵ月で、今日が最終日です。2月の後半は朝夕寒さが緩んで凌ぎやすくなりました。毎朝の起床や出勤が気温上昇に伴って楽になり、その分私は花粉症に悩まされています。朝起きると鼻が […]

Comments are closed.