週末 母の通院付添い&映画鑑賞

やっと週末になりました。この1週間は来年度に向けての取り組みが始まり、私は来年度の職場運営の構想を練りつつ全職員と面接を行いました。少しずつ疲労が溜まってきていたので、今日は週末の有難味を感じます。今日の午前中は介護施設にいる母の通院に付き添うことになりました。普段は家内がやってくれていますが、朝から工房に行く気になれず、母の用事を優先することにしたのでした。母は93歳になります。介護施設から病院までは歩いていける距離で、私が母の車椅子を押して、家内と3人で病院に向いました。途中の道には花が咲いていて、春先の雰囲気に満ちていました。昼ごろに病院から介護施設に戻って来ました。そこから家内を邦楽器の練習場に送り、午後は工房に行きました。工房ではショックなことが私を待ち受けていました。先日窯入れした2個の陶彫部品が、窯の扉を開けてみると大きく割れていたのでした。これは修整不可能で2個とも作り直しになります。原因は陶土の乾燥がすっかり出来ていなかったのではないかと思いました。以前にもこうした失敗がありました。陶彫を始めて間もない頃は、何度もあった初歩的な失敗でしたが、今回はつい焦って先を急いだ結果でした。ウィークディの仕事の疲れが残っている時に、追い討ちをかけるような失敗に内心落ち込みましたが、こればかりは気を取り直して頑張るしかありません。気持ちをリセットするために時間をおくことにしました。そうしたこともあって、夕方私一人で映画に行くことにしました。家内は演奏からまだ帰っていなかったので、一人で出かけました。常連にしている横浜のミニシアターではなく、今回はそこからちょっと離れたミニシアターに行きました。観た映画は「ヨーゼフ・ボイスは挑発する」。ドイツが生んだ現代美術の革命家ヨーゼフ・ボイスの表現行為をドキュメンタリーにまとめたもので、嘗てボイスの書籍を貪り読んでいた私にとって、これは必見だなぁと思っていました。ボイスの社会彫刻という考え方に共感するとともに、64歳でこの世を去るまで創作活動に邁進したボイスの生涯を見て、私は創作への飽くなき挑戦という勇気をいただきました。詳しい感想は後日改めます。

関連する投稿

  • 年度末そして3月最後の週末 年度末の最終日を迎え、勤務を要しない土曜日であっても、職場では荷物の片付けや整理をする職員がいたことでしょう。私は創作活動があるため出勤はしませんでしたが、私の書類の片付けもまだ終わっていません。今 […]
  • 週末 制作&フェルメールに通じる映画鑑賞 昨日が休日出勤だったため、仕事から帰ってきた夜に、工房に出かけて陶彫成形のためのタタラを準備していました。今日は朝から工房に籠って、23個目になる陶彫制作をやっていました。朝から夢中になって制作をし […]
  • 週末 またしても土曜名画座へ 週末になりました。朝から工房で制作をしていました。今月初めに立てた制作目標がなかなか厳しくて、ともかくひたすら作り続けなければならない状況に自分を追い込んでしまっています。大きめのタタラを6枚作り、 […]
  • 週末 砂マチエール&映画鑑賞 週末になりました。6月3日(日)に予定している図録用写真撮影から遡ると、週末がやってくるのは僅かしかありません。作品を完成するまでの制作工程を考えながら、週末の時間を大切にしていこうと思っています。 […]
  • 2月最初の週末に… 2月最初の週末がやってきました。今月も新作の陶彫制作に励もうと思っています。今日は大きな新作の根の陶彫部品を作るための土練りやタタラ作りを行いました。午後になって乾燥した陶彫部品に仕上げをし、化粧掛 […]

Comments are closed.