中目黒の「竹内浩一の世界」展

先日、4つの博物館や美術館を巡った日がありました。その日の最後に辿り着いたのが、郷さくら美術館で開催中の「竹内浩一の世界」展でした。東京中目黒にある同美術館に、私は初めてお邪魔しました。郷さくら美術館は、桜の名所である目黒川のほとりに2012年に開館した美術館で、桜をテーマにした日本画を収集しているようで、2階の常設展示室には、桜を初めとする自然豊かで穏やかな画風の絵画が多く展示されていました。ここはちょっとした癒しの空間になっているように感じました。絵画を鑑賞するのには手ごろな大きさの空間だなぁと思いながら、作品を見て回りました。京都画壇で活躍する日本画家竹内浩一氏の作品は1階と3階に分かれて展示してありました。資料によると竹内氏は現在77歳で、独学で日本画を学んだ人のようです。全5作の連作からなる「鳥獣戯画」シリーズを中心とした展覧会でしたが、写実的に丁寧に描かれた数々の動物たちを取り巻く世界は、その繊細な筆致をもって微妙な空気をも表現していて、清涼な雰囲気に溢れていました。私は日本画壇に疎いので、今回初めて目にした作品群でしたが、竹内氏はとても人気のある画家らしく大勢の鑑賞者が訪れていました。作家の書いた言葉によれば、30代半ばで台北故宮博物院で見た水墨画や花鳥画に触発されて、もう一度本質を問い直し、「自然の息づきを捉え自らの生命を感じられるように努めた。」とありました。写実はモノを写すだけではないと悟るのは至高を求めんとする画家の一途な思いではないかと私も思います。そうした思いで描かれた連作に、多くの鑑賞者は惹きつけられるのだろうと思います。

関連する投稿

  • 横浜の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展 昨日、会議の合間を縫って、横浜の桜木町にある横浜美術館で開催中の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展を見てきました。本展は「変わるものと変わらざるもの」という副題がついていて、日本古来の伝統文化とモダン […]
  • ムンクの「叫び」について あまりにも世界的に有名になったムンクの「叫び」。全部で4点あるようですが、そのうちの1点が東京都美術館に来ていました。先月、「ムンク展」を見てきましたが、「叫び」の人気で混雑を極めていました。ほとん […]
  • 映画「チューリップ・フィーバー」雑感 昨晩、常連にしている横浜のミニシアターに「チューリップ・フィーバー」を観に行ってきました。先日、東京上野にある上野の森美術館で開催されている「フェルメール展」に行ったばかりで、私は17世紀オランダの […]
  • 六本木の「河鍋暁斎」展 先日、六本木にあるサントリー美術館で開催中の「河鍋暁斎」展に行ってきました。副題に「その手に描けぬものなし」とあって、河鍋暁斎の画力の凄まじさを改めて認識しました。江戸から明治の激動の時期を絵師とし […]
  • 横浜の「駒井哲郎展」 昨日、横浜のみなとみらい地区にある横浜美術館で開催している「駒井哲郎展」に行ってきました。副題を「煌めく紙上の宇宙」としていて、銅版画のパイオニア的存在だった故駒井哲郎の大掛かりな回顧展になっていま […]

Comments are closed.