2月最初の週末に…

2月最初の週末がやってきました。今月も新作の陶彫制作に励もうと思っています。今日は大きな新作の根の陶彫部品を作るための土練りやタタラ作りを行いました。午後になって乾燥した陶彫部品に仕上げをし、化粧掛けを施しました。窯入れは明日の夕方に行います。土曜日は相変わらず身体が動かず、思うような作業が出来ません。休憩を取りつつ、今日の制作ノルマを坦々とやっていきました。大きな新作は8割くらい出来ているので、もう少し気分が乗ってきてもおかしくないのですが、二足の草鞋生活の厳しさなのでしょうか、今ひとつ集中できないもどかしさがあります。それでも何とか夕方までに制作ノルマは達成しました。今日は気分を変えるため、常連にしている横浜のミニシアターに出かけることにしました。ちょうど家内も時間が空いていたため、美術に関わる映画を観ることにしました。映画は「ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪」というアメリカ映画で、20世紀最大の現代美術コレクターだった女性のドキュメンタリーでした。デュシャン、ダリ、ピカソ、エルンスト、ジャコメッティ、モンドリアン、ポロック、カルダー、ブランクーシなど綺羅星の如く現代美術をリードした芸術家が現れ、大富豪の家系に生まれた彼女は、これら芸術家を援助し、一大コレクションを築き上げていくのでした。芸術家との恋愛遍歴もあって、何事にも囚われない自由な思想の持ち主であったことが伺えました。「収集作品より恋人の方が多かった」「女性の自由と権利の荒れた見本」と揶揄されても革新的な考えを変えようとしなかったペギー・グッゲンハイムがいたからこそ、現代美術のまとまった作品群をイタリア・ベネチアの「ペギー・グッゲンハイム・コレクション」やアメリカの「グッゲンハイム美術館」などで見ることができるんだなぁと思いました。私は20代の頃にベネチアに行っていますが、そこを訪ねなかったのが残念でなりません。アメリカやイタリアにはそのうち行って、コレクションを堪能したいと思っています。映画の詳しい感想は後日改めます。

関連する投稿

  • 週末 砂マチエール&映画鑑賞 週末になりました。6月3日(日)に予定している図録用写真撮影から遡ると、週末がやってくるのは僅かしかありません。作品を完成するまでの制作工程を考えながら、週末の時間を大切にしていこうと思っています。 […]
  • 週末 またしても土曜名画座へ 週末になりました。朝から工房で制作をしていました。今月初めに立てた制作目標がなかなか厳しくて、ともかくひたすら作り続けなければならない状況に自分を追い込んでしまっています。大きめのタタラを6枚作り、 […]
  • 週末 母の通院付添い&映画鑑賞 やっと週末になりました。この1週間は来年度に向けての取り組みが始まり、私は来年度の職場運営の構想を練りつつ全職員と面接を行いました。少しずつ疲労が溜まってきていたので、今日は週末の有難味を感じます。 […]
  • 週末 陶彫制作&映画鑑賞 今日も朝から工房に篭りました。昨日の続きをやっていました。背の低いテーブル彫刻の陶彫部品がある程度出来上がってきたところで、早めに工房を閉めました。次の段階は次回にしようと思ったのでした。陶彫制作は […]
  • 週末 制作&フェルメールに通じる映画鑑賞 昨日が休日出勤だったため、仕事から帰ってきた夜に、工房に出かけて陶彫成形のためのタタラを準備していました。今日は朝から工房に籠って、23個目になる陶彫制作をやっていました。朝から夢中になって制作をし […]

Comments are closed.