今年最初の夜の制作

三連休でやり残した作業を、今晩仕事から帰宅した後、工房でやりました。1時間程度なら寒くても作業が出来ると判断して、暗い夜道を工房に向かいました。工房に着いて作業を始めると、工房に棲みついている魔物に取り巻かれ、作業はトントン拍子に進みました。陶土に触れていると私は不思議な満足が得られます。沸々と意欲が湧いてくるのです。工房に点在する陶彫部品は私の分身たちです。私の心のカタチはこんな雰囲気を纏っているのかぁとつくづく思いました。昼間では考えないことを夜になると考えるのはどうしたものでしょうか。私の彫刻作品は私のどこから生まれてくるのか、これら陶彫部品は本当に私が作ったものなのか、今までのNOTE(ブログ)にも自己イメージの源泉を書いてきましたが、眼の前に広がっている30個以上もある陶彫部品は、理由なく突如ここにやってきた異生物が、気候変動によって固まってしまった化石のようにも思えるのです。こんな不可思議な物体を私が作っていることが自分でも信じられなくなることがあるのです。私にとって彫刻とは何なのか、それは私が魂を吹き込んだ私とは別個の生物みたいな気がしています。それらはじっと私を待っていて、工房の風景に馴染んでいるようにも思えます。次から次へと誕生する生物は、私の宝物であり、心のカタチであり、私を支えてくれる頼もしい存在です。夜の工房では生物たちから声が聞こえてきそうです。そんな雰囲気を感じさせてくれる夜の工房には、またやって来たいと思いますが、昼間の仕事から帰ってくると、制作する気持ちが萎えてしまっている時もあって、習慣化できない辛さもあります。

関連する投稿

  • 週末 陶彫の難しさ実感 今日は朝から夕方まで工房に篭って制作三昧でした。今日は新作陶彫の成形を行っていましたが、改めて成形の難しさを実感しました。陶芸は電動ロクロの技術に熟練を要します。何度も同じものを作っていくうちに手馴 […]
  • 代休 小品4点の制作 今日は休日出勤日の代休です。そうは言っても私は東京の某施設に行く用事があったため、丸一日は休めず、陶彫の制作をどうしようかと思案していました。7月の個展のために、隙がないくらい制作工程を組んでしまっ […]
  • GW 「発掘~座景~」柱陶16本終わる ゴールデンウィークの5連休4日目です。今日の工房は、職場の人や中国籍のスタッフ、美大1年生の子が来ていて賑やかでした。中国籍のスタッフは昨日、大学の助手仲間と相模川の鯉のぼりを見に行ったようで、ゴー […]
  • 三連休 制作メモについて 本来なら雛型を作ってから彫刻制作を進めたいところですが、時間がなくて大まかなエスキースで実寸の彫刻に取り掛かっています。前にエスキースを細部まで描いたこともありましたが、予め出来上がったエスキースが […]
  • 三連休の終わりに… 三連休最終日です。今日は朝早くから工房に出かけ、昨日タタラにしておいた陶土を立ち上げ、新しい陶彫部品の成形を行いました。タタラだけでは保てない箇所には陶土を紐にして補強しました。作業で3時間ほど汗を […]

Comments are closed.