三連休 充実の3日間

今日で三連休が終わります。初日は陶彫制作の後、フェルメールとムンクという人気絶大の美術展に出かけてきました。2日目は20個目の陶彫成形と21個目の成形のためのタタラ準備で朝から夕方まで工房にいました。今日は21個目の陶彫成形を行い、さらに昨日作った20個目と今日の21個目の陶彫成形にそれぞれ彫り込み加飾を施しました。今日も朝から夕方まで制作三昧で、濃密な時間を過ごしました。今日で11月の週末が終わりますが、最初の制作目標より1個多い5個の陶彫部品を作り上げました。工房を引き上げる際に、初日に仕上げをしておいた陶彫部品2個を窯に入れました。水曜日には焼成が終わる予定です。昼ごろ、久しぶりに近隣のスポーツ施設に水泳に行きました。右膝がまだ多少痛むので、水中歩行とクロールを繰り返しました。平泳ぎは膝に負担がかかるので、もう少し様子を見ることにしました。今日の作業で時間をかけたのは彫り込み加飾でした。陶土の表面に掻き出しベラを使って、幾何的な抽象文様を彫り込んでいきます。それによって立体そのものが大胆に変化することはありませんが、立体が強調されたり、僅かな彫り込みによって角度をもった面に微妙なニュアンスが出てきます。何よりこれはイメージの具現化に役立っているのです。彫り込み加飾は平面的な作業と自分は割り切っていて、所謂レリーフとは作為が異なります。過去の作品にはレリーフにしたものもありましたが、現行作品ではあくまでも加飾です。この加飾によって古代の出土品のような雰囲気が出てくるのです。記憶のどこかに刷り込まれている風景、それは岩肌に穴を穿って人々が住居にしていた風景だったり、廃墟となった古代遺跡だったり、自分のイメージの根幹をなすものが彫り込み加飾によって呼び覚まされてくるのです。そんな意味で、彫り込み加飾は自分の初原的なイメージを辿りながら、描写用具よろしく掻き出しベラを駆使していくのです。成形は彫刻的な楽しみがあり、彫り込み加飾はイメージ世界に遊べる楽しさに満ちています。この三連休は自分なりに充実していました。家内と出かける以外ほとんど人に会わずに、自分の内面だけを見つめていられる幸福な時間でした。

関連する投稿

  • 8月 制作目標を考える 8月1日になりました。今日は生活習慣病検診があって、職免をいただいて午前中は病院に行きました。胃の検診でバリウムを飲むので、午後は職場に行かず、今日も昨日と同じ夏季休暇の半日分を取りました。自分はバ […]
  • 週末 来年の作品の成形 今日は風が強く寒い一日でした。工房の窓から畑の埃が舞い上がっているのが見えました。今日は7月に発表する新作の陶彫部品の加飾をやっていましたが、途中から来年の作品のイメージが頭を過って、先日作っておい […]
  • 週末 欲張る制作 やっと週末になり、制作三昧といきたいところですが、明日が休日出勤日のため今日のうちに大きな新作陶彫の彫り込み加飾と次の成形をやっておきたいと決めていました。やや焦り気味になって朝早くから工房に篭って […]
  • 週末 テーブルの上に広がる世界 週末になって、いつも通りの制作三昧です。このところ週末はよく雨が降ります。今日も工房の開け放した窓から時より雨が入ってきていました。朝から夕方までずっと陶土と格闘していて、充実した時間を過ごしました […]
  • 「発掘~座景~」台座塗装開始 今週初めに窯入れした陶彫部品の焼成が終わって、今晩から電気を使えるようになり、夜の工房に通えます。週末だけでは完成に漕ぎ着くことが出来ない新作は、ウィークディの夜も制作を余儀なくされ、なかなか厳しい […]

Comments are closed.