三連休 制作&人気の展覧会2ヶ所

今日から三連休です。この三連休で陶彫成形を2個作りたいと考えています。先週末に引き続き、三連休は美術館へ行きたいとも考えていて、今日はその両方を計画していました。陶彫の作業は朝の時間を使って、大きめなタタラを6枚準備し、明日の成形に繋げることにしました。乾燥した陶彫部品の仕上げや化粧掛けも2点行いました。午後2時を回ったところで、家内を誘って東京上野に出かけました。上野公園には毎週出かけていますが、まだ人気の展覧会を見ていないので、今日は混雑を覚悟して鑑賞に出かけたのでした。一つ目は上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」。この展覧会の入場券は全て予約制で、私も数日前に横浜駅のチケットぴあに行って、日時指定の入場券を2枚購入してきたのです。本日17時からの入場でしたが、30分前に到着したにも関わらず長蛇の列になっていました。係員が並んでいる人々の入場券の日時を確認して回っていました。オランダの画家ヨハネス・フェルメールは現在37点の絵画しか発見されていないのに加え、欧米各地の美術館に作品がそれぞれ収蔵されています。そのうち10点が上野の森美術館に集結していると知って、今回はどうしても見ようと決めたのでした。こんな機会はもう二度とないと思いました。フェルメール絵画が一堂に会する部屋に辿り着くまでに、17~18世紀のオランダ絵画が展示されている部屋が幾つかありました。最後に照明を暗くしたフェルメールの部屋がありました。フェルメールの色彩は意外に鮮やかで、形態もくっきりしている絵画が多く、遠目でも絵画のニュアンスを捉えることが出来ました。図録には10点の絵画が来日しているとありましたが、「取り持ち女」は1月から展示されるようで、9点の絵画がありました。ひとつずつじっくり鑑賞させていただいて満足しました。詳しい感想は後日改めます。次に向ったのは東京都美術館で開催されている「ムンク展」でした。実は上野の森美術館に行く前に「ムンク展」の様子を見に行ったのですが、入場規制があって幾重にも列が重なっていたので、「フェルメール展」の後にしようと決めたのでした。今日は金曜日のため、美術館は延長開館をしているので、夜になれば混雑も緩和するのではないかと思っていました。思惑は当たって19時ごろには鑑賞者はだいぶ減っていました。ノルウエーの画家エドワルド・ムンクもまとまった作品を見ることが出来て満足しました。有名な「叫び」もじっくり見てきました。これも詳しい感想は後日改めます。三連休初日は午前中陶彫制作をやった後、夕方から人気の展覧会2ヶ所を巡り、充実この上ない一日を過ごしました。

関連する投稿

  • 連休最終日は出張&美術館巡り 三連休の最終日です。今日は公務員管理職として午前中に出張があって休日返上となりました。幸い出張は午前中で終わったので、午後は東京の美術館巡りをしました。まず、東京六本木にある国立新美術館。彫刻の師匠 […]
  • 三連休② 制作&風景彫刻鑑賞 三連休の2日目です。朝から工房で制作三昧でした。今日は久しぶりに中国籍の若いスタッフが来ていました。彼女は栃木県のグループ展に参加するというので、新作を作っていました。私は相変わらず陶彫制作に勤しん […]
  • 土練りのあと美術館へ… 成形に使う陶土がなくなり土練りをしました。陶彫は土を単身ではなく複数の土を混ぜて使っているのです。近々新しい土錬機が来るので、今使っている土錬機最後の仕事かもしれません。自分と懇意にしている陶芸業者 […]
  • GW⑤ 柱陶制作&美術館散策 ゴールデンウィーク5日目を迎えました。「発掘~根景~」の柱陶制作が残り8枚となり、今日はこれを完成すべく早朝から工房に出かけました。夕方、家内と東京の美術館へ行く約束になっていたので、その分制作時間 […]
  • 三連休 美術館&映画鑑賞へ 三連休初日です。夏季休暇が終わり、仕事が始まったこの時期の三連休は、ちょっとした骨休みになって嬉しい限りです。私は公務員管理職と彫刻家の二足の草鞋生活なので、一日中ゆっくり休むことは出来ませんが、そ […]

Comments are closed.