週末 過密スケジュールの日

週末になりました。今日一日を振り返ってみれば過密スケジュールをこなした一日になってしまいました。予め時間をきちんと決めていたので、慌てることはありませんでしたが、今日は休日をゆっくり過ごすことはなく、3つのスケジュールを順番にこなしていきました。まず、午前中は常連になっている横浜のミニシアターに出かけました。映画の上映が9時5分から始まり、終了が10時45分でした。前から家内が観たいと言っていたフランス映画「オーケストラ・クラス」はこの時間帯しか上映していないので、朝一で映画鑑賞をしたのでした。移民の子供たちが通うパリ郊外の小学校に音楽クラスがあり、そこに10数人の児童がいました。バイオリンに触れたこともなく、クラシック音楽も知らない問題児たちを、一人の音楽家が演奏でまとめ上げていく苦難さを映画では描いていて、最後はフィルハーモニー・ド・パリのメインホールでの演奏を見事に仕上げていく物語でした。これは言うなればサクセスストーリーです。家内は胡弓奏者ですが、幼少の頃にバイオリンを習っていました。バイオリンの難しさを人一倍わかっていたので、演出の細かい箇所にも気を留めていました。家内は映画のストーリーを予想していたにも関わらず、観終わった後になっても、話題が尽きないほど面白かったようです。詳しい感想は後日に回します。帰宅したのは午前11時半ごろでしたが、私は午後1時半から管理職の研修会が組まれていて、スーツに着替えて家を出ました。横浜駅で軽めの昼食をとり、桜木町に向いました。研修会が終わったのが午後4時半でした。すぐ帰宅して作業着になり、夜の工房に行きました。時間としては夕方6時くらいだったかなぁと思っています。明日は陶彫成形と彫り込み加飾をやるために、今日のうちに大きなタタラを6枚用意しなければならず、これが私にとっての最後のスケジュールになりました。今日は映画鑑賞、管理職研修会、陶彫制作のための準備と、朝昼晩に分けて3つのスケジュールをこなしましたが、全て終了したのは夜8時を過ぎていました。やれやれ。今日は些か疲れました。明日は工房に篭ります。

関連する投稿

  • 連続して制作が可能な日々 「働き方改革」により今年は職場が長めの休庁期間を設定し、私も夏季休暇5日間の他に年休をいただいて、今週は創作活動に邁進しようと思っています。連続して制作したのは年末年始の休庁期間以来です。たとえ数日 […]
  • 週末 加飾&映画鑑賞 今日は朝から工房に行きました。若いスタッフ、と言っても現在は多摩美術大学で助手を勤めるアーティストの男女2人が、それぞれの課題をやりに工房に来ていました。私も彼らに負けないように陶彫制作を頑張りまし […]
  • 週末 またしても土曜名画座へ 週末になりました。朝から工房で制作をしていました。今月初めに立てた制作目標がなかなか厳しくて、ともかくひたすら作り続けなければならない状況に自分を追い込んでしまっています。大きめのタタラを6枚作り、 […]
  • 週末 制作&フェルメールに通じる映画鑑賞 昨日が休日出勤だったため、仕事から帰ってきた夜に、工房に出かけて陶彫成形のためのタタラを準備していました。今日は朝から工房に籠って、23個目になる陶彫制作をやっていました。朝から夢中になって制作をし […]
  • 年度末そして3月最後の週末 年度末の最終日を迎え、勤務を要しない土曜日であっても、職場では荷物の片付けや整理をする職員がいたことでしょう。私は創作活動があるため出勤はしませんでしたが、私の書類の片付けもまだ終わっていません。今 […]

Comments are closed.