週末 16個目の陶彫制作

今月は4回の週末がやってくるので、それに応じて4個の陶彫制作を目標にしています。昨日はタタラを準備した後、東京の美術館に出かけてしまったので、今日は朝から陶彫部品の成形と彫り込み加飾をやっていました。新作は50個近い陶彫部品で構成する集合彫刻ですが、現在焼成が終わっている部品が11個、成形と彫り込み加飾が終わって乾燥を待っている部品が4個あります。今日は5個目の作品を作りました。トータルで16個目になります。完成まで4分の1強になったところです。朝9時から夕方4時までという決めた時間帯に、成形と彫り込み加飾を確実に行うという自分のスタイルを今日も保っています。全体を構成するまでは、こうした職人的な作業で制作工程を進めていくのです。この順序よくやっていく作業は、気持ちとしては楽な仕事です。部分にしか関わらないのは近視眼的で、あれこれ見通すことがないため健康的な仕事と言えます。全体を考えるようになると、作品の良し悪しが見通せるようになって精神的な負担を強います。これは芸術家としての資質が左右する苦しい仕事になるのです。それまでは部品作りが続くので、焦りも休みもせず坦々と制作をするだけです。ただし、この労働の蓄積が最終的に作品に効果を齎せます。手間をかけた分だけ説得力のある表現になるのです。作業中に手許しか眼に入らなくなり、陶土との対話が始まる極上の瞬間も、こうした手間を惜しまない姿勢からくるものだと思っています。これは心理学で言うところのフロー状態のことを言うのではないかと思っています。スポーツで言えばゾーンです。少し前までは制作中にフロー状態はよくやってきて長く続いていましたが、今は滅多にやってきません。また長く続きません。加齢のせいなのでしょうか。しかも私は彫刻制作しかフロー状態を体験したことがありません。私にとって真に集中できるのは彫刻だけなのかなぁと思っています。少しでも長く彫刻制作に関わっていたい思いで、今日は昼ごろに久しぶりに近隣のスポーツ施設に水中歩行に行ってきました。先日痛めた右膝が万全ではないため水泳はせず、俄かに汗をかく程度の歩行にしました。夕方には16個目の成形と彫り込み加飾が終わりました。

関連する投稿

  • 週末 焦らず休まず陶彫制作 日曜日はほぼ一日陶彫制作をやっています。土曜日はウィークディの疲労が残っているため、美術館や映画館に出かけることが多いのですが、制作工程を考えると、日曜日は朝9時から夕方4時くらいまで工房に篭ってい […]
  • 休庁期間 制作&賀状宛名印刷 今日から休庁期間になり、朝から工房に篭りました。年末の雑用は家内任せにしているので、自分は極楽トンボのような暮らしです。申し訳ないと思いつつ、工房では陶土と格闘していました。「発掘~宙景B~」の高い […]
  • 単体が集合する世界 朧気な全体像をイメージしながら、単体となる作品をひとつずつ作っていき、それらを集合させて、ひとつの作品にまとめる世界が私の得意とするものです。自分の資質もあるのでしょうが、昼間は公務員として働きなが […]
  • 週末 活動時間について やっと週末がやってきました。私はいつものように朝9時に工房に行って、夕方4時までの7時間を陶彫制作に費やします。作業が始まると忽ち時間が過ぎていく感覚を持ちますが、創作活動に邁進する7時間は本当に疲 […]
  • 週末 「発掘~宙景~」柱の調整 「発掘~宙景~」は組み立てや設置に手間のかかる集合彫刻です。4本の柱陶で正方形に近いテーブルを支え、そのテーブルの下に陶彫部品を複数吊り下げていく構造です。前に木材店で2m50㎝でカットしてもらった […]

Comments are closed.