週末 版画による2つの美術展

昨夜から私の職場では職員研修として湯河原に来ていました。一晩ゆっくりお互いの仕事を振り返る機会を、私は大切にしています。夜が更けるまでお喋りが尽きない職員たちの雰囲気を、今後も継続していくのも私の役割かもしれません。私は旅館で朝食を済ませた後、他の職員より早く湯河原を出させていただきました。自宅に戻ったのが9時を回っていましたが、今日は2つの美術展に行く予定にしていて、家内とすぐに自宅を出ました。2つの美術展は神奈川県茅ヶ崎市と東京都町田市でそれぞれ開催していて、かなり離れていたので車を使いました。東名高速から圏央道へ車を走らせ、茅ヶ崎で降りました。茅ヶ崎市美術館で開催されていた「小原古邨展」は、先日NHK日曜美術館で放映されていたためか、鑑賞者でかなり混雑していて、比較的小さな美術館だったにも関わらず、行列を作って鑑賞している有様でした。私もテレビで知ったばかりだったので、美術史に埋もれていた超絶技巧を凝らしたこの木版画家の作品をひと目見たいと駆けつけた一人でした。人を掻き分けて観た作品は、期待通りの表現力を持った素晴らしいものでした。「小原古邨展」は別稿を起こしたいと思います。後日詳しい感想を書きます。次に向ったのが東京都町田市だったので、再び圏央道と東名高速を走り、横浜町田で降りました。町田市立国際版画美術館で開催されていた「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅」展は、絶対行こうと決めていた展覧会でした。ドイツのハンブルグ美術アカデミーでパウル・ヴンダーリッヒに学んだヨルク・シュマイサーの作品を、私は学生時代に知りました。その頃、渡欧を考えていた私は日本に関係の深かったヨルク・シュマイサーに会いたいなぁと思っていたのでした。展覧会場に私の見たことのある何点かの作品も並んでいました。初めて見る作品が多かったのですが、エッチングの面白さに溢れた世界に、暫し我を忘れてしまいました。質量共に凄さを見せつけられ、旅で得たイメージを版画に刻み込んだヨルク・シュマイサーは比類なき芸術家であろうと思います。この展覧会も詳しい感想を後日に改めます。今日は奇しくも版画技法を用いた2人の優れた芸術家の作品に触れました。私は学生時代より彫刻とともに版画に興味を持ってきました。版画は現在制作を休んでいますが、時間が出来たら再開をしたいと思っていて、その起爆剤になった2つの展覧会だったなぁと思いました。

関連する投稿

  • 三連休③ 美術館巡り&ビール祭り 三連休の最終日になりました。今日は工房へは行かず、家内と東京と横浜の美術館を巡ることにしました。師匠の池田宗弘先生は自由美術協会の会員で、例年この時期に先生から招待状が届きます。そこで今日が自由美術 […]
  • 「おいしいアート」の楽しさ満喫 横須賀美術館で開催している「おいしいアート展」を見てきました。カスヤの森現代美術館に行った折、同伴した若いアーティストがスマートフォンで検索し、近くの美術館で不思議なタイトルの美術展をやっていると教 […]
  • 三連休 制作&美術館&映画館 今日から三連休になります。このところ連休の初日は工房で制作をした後、美術館に出かけていくことが多いように思います。今日も例外ではありませんでした。ただし、活動した密度から言うと今日は今までより、さら […]
  • 大学の芸祭に行く 三連休の最終日は美術大学の芸術祭(芸祭)に行きました。最近工房によく来ている中国籍の大学院生がいます。彼女の案内で芸祭訪問をしました。毎年恒例になっているものですが、今回は自分の母校ではありません。 […]
  • 「注文の多い展覧会」雑感 今月初めの週末、あまりにも工房が暑くて作業を早めに切り上げた日がありました。その日の夕方、横浜山手にある神奈川県近代文学館で開催中の「注文の多い展覧会」に行ってきました。展覧会の題名が示す通り、これ […]

Comments are closed.