「第二の試み(頂点に立つ)」を見て…

彫刻家池田宗弘先生は、私の大学時代の師匠で彫刻の面白さを教えてくれた人です。もう40年も前のことですが、学生だった私は東京都美術館で池田先生の真鍮直付けによる作品を見て、感動を覚えたことを今でも記憶しています。長野県麻績の住居兼工房「エルミタ」にお邪魔すると、その作品が無造作に置かれていて、制作の現場の雰囲気に包み込まれます。その作品は痩せこけた猫が複数登場し、魚の骨を狙って歩み寄る場面を描いた風景彫刻でした。真鍮で作られた猫の胴体には穴が開いていたりして、まさに野生の存在だけが感じられる実物大の凄まじい彫刻です。その彫刻の間を本物の猫がのほほんと散歩している様子は思わず笑ってしまうのです。当時の先生の彫刻は、人々の何気ない仕草をスケッチしたような作品が多かったのですが、スペインに滞在されてからキリスト教の修道士が登場する作品が増えてきました。今回、自由美術展に出品された「第二の試み(頂点に立つ)」も同じシリーズで、翼を持った悪魔が修道士を誘惑している場面を作っています。第二というのは同じものがもうひとつあって、それは昨年の自由美術展で見た作品だろうと思っています。悪魔の誘惑に打ち勝って颯爽と立つ修道士の姿が(頂点に立つ)という副題に籠められた先生のメッセージと受け取りました。宗教を題材にしていても、先生は人間の心の迷いをテーマとして取り上げていて、風に向かって歩みを続ける旅人も同系列に入る作品だろうと思います。先生の彫刻は単体が少なく、ほとんどが情景を表している風景彫刻です。人や動物や木々さえも量感を削り取られ、骨格そのもののような姿を曝しています。構成要素がはっきり見て取れる独特な世界観を持っています。学生時代、私の塑造に対し、先生は骨格に拘った指導を繰り返しされて、空間に粘土でデッサンをするように作れと言われていたことを今もって忘れることが出来ません。人体の手や足は表情を出せるので丁寧に作るようにも助言されました。あれから数十年が経ち、先生の世界観とは異なる方向へいってしまった私ですが、彫刻の基本は同じと考えています。先生の作品を見る度、初心に返れるのが幸せと感じているこの頃です。

関連する投稿

  • 週末 展覧会&お歳暮 やっと週末になったという気分ですが、今日は工房へは行かず、以前から見たかった展覧会と日頃お世話になっている方々にお歳暮を贈る用事に当てました。見たかった展覧会は東京世田谷区にある世田谷美術館で開催さ […]
  • 「美術にぶるっ!日本近代美術の100年」展 東京竹橋にある国立近代美術館全館を使って大がかりな展覧会が開催されています。「美術にぶるっ!」というキャッチコピーが目にとまったので見てきました。いわゆる所蔵作品を選抜した展示で、学芸員の企画力と頑 […]
  • 週末 上野と青山の美術館巡り 今日は東京の美術館を巡って3つの展覧会を見ようと予定していました。工房はまだ窯入れしている陶彫部品があるため今日は使用できず、それならば美術館に行こうと決めたのです。まず、上野の東京都美術館で今日か […]
  • 「鈴木久雄 彫刻の速度」展について 先日、武蔵野美術大学美術館で開催中の「鈴木久雄 […]
  • 週末 制作と鑑賞の狭間で… 自分の制作には思索あり、他の作品の鑑賞もまた思索あり、で制作時間に追われているのは重々承知の上で、今日の午後は美術館に出かけてしまいました。午前中は午後の時間を空けるため、木彫の作業に集中力をもって […]

Comments are closed.