10月RECORDは「象」

「象」は動物のゾウではなく、象形や象徴を意味する文字として選びました。最初にイメージしたのは碑文のような刻印された文字で、読解出来なくても、そこに不思議な雰囲気が醸し出される世界でした。文明の曙期で人類には具体的なカタチを抽象化していく過程があり、文字の原初形態では象形文字が登場し、やがて記号として整理されてくる遍歴を見ていると文字そのものに楽しさを感じます。そうしたイメージを自分のデザインに取り入れられないかと思い立ち、今月のRECORDで試してみることにしました。日本語表記は大陸から渡来した漢字が基本になっています。甲骨文字というのが漢字の最古の祖形で、絵文字のようでありながら抽象性が高い段階まで発達しているようです。甲骨文字一覧を眺めていると楽しさ満載で、いろいろアレンジしたくなります。RECORDでは甲骨文字を模倣するのではなく、造形要素だけを取り出して新たに創造していこうと思っています。今年は画面の中に一定のパターンを取り入れています。今月は4つの長方形を画面に配置した構成を考えました。忙しさに追い倒されて下書きだけ先行することがないよう、今月は気持ちを引き締めてRECORDに取り掛かっていきたいと思っています。

関連する投稿

  • 9月RECORDは「互」 先月のRECORDの下書きが山積みされている中で、今月のRECORDも進行中です。毎晩3時間くらい、夕食後の食卓で今日のRECORDの制作と先月分の彩色や仕上げを行っていて、のんびりした夜の時間を過 […]
  • 5月RECORDは「隙」 「隙」は隙間という単純な意味から、不和であったり、油断することであったり、マイナスイメージを連想するコトバです。RECORDは視覚的な構成要素に置き換えるので、心理的な表現を追求することに、たとえば […]
  • 6月RECORDは「重」 今年のRECORDは、画面全体に文様パターンを持ち込んでいます。6月は同じ大きさの円が6つ並ぶ画面を設定しました。その円内にモノが重なっている状態をイメージして、円のデザインと融合するような作品を目 […]
  • RECORD奮闘中 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作ろうと決めたのは、2007年の2月でした。それから10年以上も毎日作り続けていますが、この小さな制作が習慣になっているとは言え、ウィークディの仕事が多忙な時や […]
  • 週末 個展準備が着々と… 先日の夜、カメラマンが自宅にやってきて、印刷が終わった個展の案内状を届けてくれました。昨日、職場外であった会議の後、ギャラリーせいほうに立ち寄り、案内状1000枚を届けました。個展準備が着々と進んで […]

Comments are closed.