三連休 映画館&グループ展へ

先週に引き続き2回目の三連休がやってきました。先週と同じように3日間のうち1日を鑑賞に充てましたが、完全に制作を休むわけにはいかず、早朝と夕方は工房に行きました。鑑賞に出かける時間を考慮し、朝6時半に工房に行き、乾燥した陶彫部品にヤスリで仕上げを行い、化粧掛けを施して窯に入れました。新作では2回目の焼成になりますが、実際の窯のスイッチを入れるのは三連休の最終日になります。家内が演奏活動があったため、今日は私一人で映画館や画廊を回りました。朝8時には自宅を出て、横浜の中心街にあるミニシアターに行きました。観たい映画が8時50分から始まるので、これに合わせたのでした。観た映画は「スターリンの葬送狂騒曲」。実話に基づくブラックコメディというのは、こういう映画を言うのでしょうか。ともかくこれは究極な面白さ満載の映画でした。数々の粛清を行ってきた独裁者スターリンの突然死。厳粛な国葬の裏で最高権力者の座を巡り、首脳陣が滑稽なほど異常な椅子取りゲームを始めるのです。これはイギリス映画で俳優は全て英米人、全編英語によるものでしたが、当のロシアはこの映画をどう見ていたのか、私はとても気になりました。図録の解説によると、やはりロシアでは政府によって上映禁止になっていました。ひょっとして映画があまりにも現実味を帯びていたからかなぁと疑ってしまうほど、巧妙に出来たコメディだと思いました。詳しい感想は後日改めます。次に向ったのは東京銀座で開催している画家と彫刻家によるグループ展でした。職場に絵画制作をしている職員がいて、私と同じ二足の草鞋を履いているのです。いつも招待状をいただいているので見てきました。彼は白く厚塗りされた画面に所々青い痕跡を残した抽象作風の絵画を描いています。青い痕跡の上に僅かながら箔も貼ってあって、描画素材とのコントラストに趣を感じます。本人なりの発展深化があるのでしょうが、5年間にわたって作品を見せていただいた私にはそれを認識することが出来ず、申し訳ないと感じます。画面の前で難しいなぁと思うばかりです。会場は美術家連盟画廊で、会員である私には馴染みのある画廊でした。東京から帰ってきて、再び工房に篭りました。夕方4時から6時までの2時間、陶土を掌で叩いて6枚の大きなタタラを作りました。明日の成形のための準備です。今日は鑑賞だけでなく朝夕と制作を入れました。慌しい一日になりましたが、充実はしていました。

関連する投稿

  • 週末 リフレッシュした日 今日は昼頃に映画館、その後は美術館という計画を立てていました。ただし、週末の制作をしないわけにはいかず、早朝7時から工房に籠もりました。土練りと畳大のタタラ6枚を作って自宅に戻りました。朝7時から1 […]
  • 週末 加飾&映画鑑賞 今日は朝から工房に行きました。若いスタッフ、と言っても現在は多摩美術大学で助手を勤めるアーティストの男女2人が、それぞれの課題をやりに工房に来ていました。私も彼らに負けないように陶彫制作を頑張りまし […]
  • 三連休 制作&映画鑑賞 月曜日に成人の日があるため、今日から三連休が始まります。正月の休庁期間が明けて、2日間職場に出勤して、またこの三連休は、創作活動をする者にとっては嬉しい限りです。休庁期間にやり残した制作を続行するた […]
  • 週末 9月に入って… 9月に入って最初の週末です。9月の制作目標は別の機会に書くとして、今日はNOTE(ブログ)でいつもやっているように、週末をどう過ごしたか、行動を記していきたいと思います。今日は映画や美術展の鑑賞があ […]
  • 三連休 映画&成形準備 10月の三連休になりました。昨日の「運慶展」もそうですが、秋は見たい展覧会や映画があって、時間をやり繰りしながら、陶彫制作と折り合いをつけていこうと思っています。鑑賞との兼ね合いを考えると、今月の制 […]

Comments are closed.