ドキュメンタリー番組で知る闇の世界

昨日、職場に送られてきている朝日新聞のテレビ欄の記事に注目しました。衛星放送で「馬三家からの手紙」を放映するというもので、その内容に戦慄を覚えました。私は中国の労働教養所の存在を知らず、21世紀になった今も前時代的な拷問や強制労働が行われていることに驚きを隠せませんでした。ネットで調べてみると、収容された人からの実態を伝える手紙の掲載があって、信じられないような人権蹂躙の事実が明らかにされていました。中国は共産党支配の国家で、思想的な統制があることは分かっていましたが、これほどまでに激しい弾圧があることに、民主国家に生まれた自分は異質な感覚を覚えます。確かに30年前に欧州で暮らしていた私は、東欧を訪ねる度に一党独裁国家を眼のあたりにしてきました。旅行者であった当時の自分には本当の実態は分からなかったのかもしれません。BS1で放映されたドキュメンタリーは午前0時の深夜番組でしたが、中国政府が弾圧する「法輪功」という気功集団のメンバーである一人の男性が、遼寧省の馬三家労働教養所に収容され、そこで受けた拷問を手紙にして、所内で製造される玩具の飾りに忍ばせて、外部に発信するというものでした。その手紙をアメリカ人女性がたまたま発見し、それが世界的に広がっていく状況を番組は捉えていました。男性は施設を出た後、労働教養所の実態をアニメーションにしていました。番組の終盤で衝撃的な結末が待っていましたが、カナダ発のドキュメンタリーは闇の世界をどんな思いで取材し続けたのか、取材スタッフが危険な目に遭うことはなかったのか、見終わった後でそこが気になる番組でした。

関連する投稿

  • 制作&恒例の従兄弟会 正月に親戚縁者が集まる機会が私にもあります。両親が元気だった頃は、叔父叔母も元気で実家は御節料理を準備して親戚の接待をしていました。親戚が高齢化して集まることが出来なくなったために、外に店を借りて現 […]
  • 某日の新聞の小欄より 自宅のテーブルに置いてあった朝日新聞の小欄「折々のことば」に気になった記事がありました。短いので全文を引用します。「味で見る人の評には、要を尽くしている割合に案外聴くべき所が少ないが、感じで敲かれる […]
  • RECORDと体調管理 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作り続けているRECORD。10月までは順調にやっていたRECORDでしたが、また悪い癖が出て、下書きばかりが先行する状況に陥っています。下書きが自宅の食卓に山 […]
  • 三連休 制作&新年の集い 今日から三連休で、陶彫制作は根の陶彫部品を2個作ることを目標に掲げました。朝から工房に篭りましたが、気温は益々寒くなり、少し作業をしたらストーブで温まる繰り返しでした。ウィークディの疲労もあって遅々 […]
  • 異形の神々への憧憬 今朝、職場に届いていた日本経済新聞の小欄が目に留まりました。記事は「来訪神:仮面・仮装の神々」がユネスコの無形文化遺産に登録される見込みになったと伝えていました。日本全国に伝承されている異形の神々、 […]

Comments are closed.