映画「犬ヶ島」雑感

先日、横浜のミニシアターにアメリカ人監督によるストップモーション・アニメ「犬ヶ島」を観に行きました。日本の風俗をテーマにしている点では、以前観た「クボ」に共通するものがありました。20年後の日本が舞台になっていましたが、どこかレトロな雰囲気が漂っていたのは監督の嗜好かもしれません。物語の発端は、メガ埼市の小林市長がドッグ病の感染を怖れて、野良犬も飼い犬も全てゴミ島とされる「犬ヶ島」に追放するところから始まります。市長の養子である主人公アタリは自分を護衛してくれていた犬スポッツを探しに「犬ヶ島」に単身乗り込み、そこで知り合った個性的な5匹の犬たちとスポッツを探していくストーリーになっていて、人間の中にも親犬派と嫌犬派が対立していたり、陰謀があったり、情の深まりがあって、どこか人間臭さを感じさせる雰囲気に満ちていました。私が美術をやっているせいか、画面全体に広がるヴィビュアルな美しさに気を取られました。殺伐としたゴミ溜めのようなグレーな背景も、廃物利用したような飛行機や船にも一貫したデザイン性があり、手作りの面白さが溢れていました。日本の風俗描写は些か安易かなぁと思っていましたが、細かな箇所に創作意欲を感じさせる映像に、異文化描写は大目に見ようかとも思いました。ともかく手間暇のかかった作り物の面白さには満足しました。モダンとレトロの融合にも楽しさを覚えました。鉄が錆びたような風景の質感は、自分の陶彫作品にも通じるものがありました。

関連する投稿

  • 映画「家に帰ろう」雑感 映画「家に帰ろう」は人気がある映画なのでしょうか。先日観に行った常連のミニシアターが満席になっていたのは初めてでした。アルゼンチンのブエノスアイレスに住む88歳の仕立て屋が主人公の映画で、翌朝にも娘 […]
  • 週末 益子から陶土が届いた日 陶彫を作るためには陶土の調達やら焼き窯等の設備が必要です。道具も多岐にわたっていて、その中には自分で作ったヘラも含まれています。それらは自分の創作イメージを具現化する中で、少しずつ整えてきたものです […]
  • 映画「ボヘミアン・ラプソディ」雑感 先週の金曜日のレイトショーに人気急上昇中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行きました。映画になったロックバンドのクイーンは私より上の世代の人たちが熱狂したバンドです。当時学生だった私も日本を席巻 […]
  • 2月最初の週末に… 2月最初の週末がやってきました。今月も新作の陶彫制作に励もうと思っています。今日は大きな新作の根の陶彫部品を作るための土練りやタタラ作りを行いました。午後になって乾燥した陶彫部品に仕上げをし、化粧掛 […]
  • 振替休日 制作&映画鑑賞 今日は天皇誕生日の振替休日になります。言わば三連休の最終日です。今日は過密なスケジュールで一日を過ごしました。朝から工房に行って陶彫成形をやっていました。昨日タタラを準備していたので、今日は冬季休業 […]

Comments are closed.