三連休 新作最初の窯入れ

三連休最終日になりました。今日は残暑が戻ってきて、工房内は蒸し暑くなりました。昨日作っておいたタタラを使って、2つ目の塔を形成する陶彫部品の2個目に取り掛かりました。陶彫部品のトータルは8個目になります。今日は成形と彫り込み加飾を行いました。制作工程ではこの作業が一番面白いのです。立体としてカタチが立ち上がり、そこに彫り込みをしていく作業は創作意欲を掻き立てます。作品が実際にカタチを成していくのは気持ちを満足させてくれます。ただし、私の作品は集合彫刻なので、ひとつの陶彫部品に全てを盛り込むわけにはいかず、その部品が連続して組み込まれていくイメージを捉えながら、彫り込みをしていくのです。以前作った部品を横に置いて、その続きを作っていく按配です。陶彫部品はひとつでは完結せず、次へ繋げていくように加飾を施します。夕方になって8個目の陶彫部品が終わりました。これもまた前の作品のように乾燥を待つことになるのです。乾燥は急激に乾かないように軽くビニールをかけておきます。その後、いよいよ第1号の陶彫部品の窯入れを行いました。昨日仕上げや化粧掛けを行っていたので、慎重に窯に収めてスイッチを入れました。私の作品は素焼きをせず、いきなり本焼きに入ります。夕方から明日の午前中まで時間をかけてゆっくり温度を上げていきます。冷ましには2日間かかります。窯出しは木曜日になる予定です。毎回窯に入れる度に、私は無事に作品が返ってきてくれることを炎神に祈るのです。陶彫は最後の工程で人の手の及ばない世界を通過するのです。それが陶彫の醍醐味ですが、灼熱の世界を旅してきた作品は、鎧を纏ったような風貌になり、ひとまわり引き締まった体躯に頼もしささえ感じてしまいます。まるで土が生きているかのようなアニミズムを私は好意を持って感じ取っているのです。これで当分は夜の工房には行けません。ちょうどRECORDの山積み解消をやっている最中なので、ちょうどいいかもしれません。

関連する投稿

  • 夏の休庁期間の最終日 今年は職場で長い休庁期間を設定しました。私たち職員は週末以外は勤務を要する日でしたが、夏季休暇や年休が取得し易い環境を作ったのでした。管理職といえども私も長い休みを取らせていただきました。期間中は県 […]
  • 週末 色彩への憧れ 今日は朝から夕方まで工房で制作三昧でした。昨日、「構築~楼閣~」全体の骨子ができたところで、少し時間をおいて眺めることにしました。これから窯入れする陶彫部品の数々を念頭に入れながら、完成に向けてじっ […]
  • ウィークディの工房 今日は仕事帰りに工房に立ち寄りました。滅多にないことですが、大きな陶彫ピラミッド4点の梱包が終わっていないため、工房で仕事をすることにしたのです。ついでにRECORDの彩色もやりました。夕暮れ迫る工 […]
  • 週末 尽きない創作欲 今日は朝から工房にいて制作三昧でした。現在、新作として地を這うカタチを作っています。陶彫部品を組み合わせるのは従来通りですが、丸みを帯びたカタチが連結して床を這うように広がっていくイメージがあります […]
  • 週末 新作の成形・加飾 今日は朝から工房にいました。新作の成形に手を入れた後、表面に彫り込み加飾を行いました。陶土がちょうどいい乾燥具合になっていたので、ヘラや掻き出しベラを使って、矩形の彫り込みを施しました。身体中全てが […]

Comments are closed.