9月RECORDは「互」

先月のRECORDの下書きが山積みされている中で、今月のRECORDも進行中です。毎晩3時間くらい、夕食後の食卓で今日のRECORDの制作と先月分の彩色や仕上げを行っていて、のんびりした夜の時間を過ごすことがありません。ダイニングの扉を閉めて、猫のトラ吉が入ってこられないようにしています。アクリルガッシュを塗っている最中に、トラ吉がテーブルに飛び乗ってきたら大変なことになります。音楽を聴きながらRECORDに仕上げを施すのが日課になっていて、週末の陶彫制作と同じような地道な作業が続いています。今月のRECORDのテーマを「互」にしました。交互、互角、互い違い等「互」にはデザインしやすい要素が含まれています。画面全体に細めのストライプを作り、そこを互い違いに横断するカタチをイメージしています。彩色には幾通りかの方法があって、イメージによって使い分けをしています。その中でも滲みや点描を多用しています。これはつまりボカシやタタキといった従来からある使い古された技法ですが、イメージを際立たせるのには効果的です。仕上げにはペンで縦横のハッチングを入れることが多く、どこまでやって完成とするかを、その都度考えています。今月もいつも通り焦らず休まずコツコツとRECORDと向かい合っていきたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 新作イメージの確認 昨日から新作の2つ目の塔を作り始めています。朝から工房に行って、作業に取り掛かる前に床置きの部分を設計した図を広げました。そこで2つ目の塔が最初に作った塔に比べると、やや小さなサイズになっていたこと […]
  • 5月RECORDは「隙」 「隙」は隙間という単純な意味から、不和であったり、油断することであったり、マイナスイメージを連想するコトバです。RECORDは視覚的な構成要素に置き換えるので、心理的な表現を追求することに、たとえば […]
  • 6月RECORDは「重」 今年のRECORDは、画面全体に文様パターンを持ち込んでいます。6月は同じ大きさの円が6つ並ぶ画面を設定しました。その円内にモノが重なっている状態をイメージして、円のデザインと融合するような作品を目 […]
  • 10月RECORDは「象」 「象」は動物のゾウではなく、象形や象徴を意味する文字として選びました。最初にイメージしたのは碑文のような刻印された文字で、読解出来なくても、そこに不思議な雰囲気が醸し出される世界でした。文明の曙期で […]
  • 週末 個展準備が着々と… 先日の夜、カメラマンが自宅にやってきて、印刷が終わった個展の案内状を届けてくれました。昨日、職場外であった会議の後、ギャラリーせいほうに立ち寄り、案内状1000枚を届けました。個展準備が着々と進んで […]

Comments are closed.