週末 研修から帰り、陶土が届く

昨日から横浜市の管理職で宿泊を伴った研修を行っていて、今朝自宅に帰ってきました。私がこの役職になる前は、毎年上司が参加していた宿泊研修は慰安旅行くらいにしか考えていませんでしたが、実際にこの立場になってみると、講演会や小グループによる意見交換を行っていて、しっかり研修をしているのがわかりました。外側から眺めているのと内側に入ってみるのでは大きな違いがあります。この宿泊研修が終わると、漸く夏休み気分になってきます。来週から職場は休庁期間に入り、私も夏季休暇を取らせていただきます。今日は昼ごろ、陶土が工房に600キロ搬入されました。栃木県益子町にある明智鉱業から送っていただいた陶土です。例年冬に陶土が不足してきて、明智鉱業に注文のFAXをしていますが、「発掘~根景~」は相当な分量の陶土を使ったため、早くも陶土が足りなくなっていたのでした。明智鉱業からは20年以上にわたって陶土を購入してきています。東京銀座のギャラリーせいほうもそうですが、明智鉱業ともつき合いが古くなりました。因みに横浜の懇意にしている運送会社とも、撮影をお願いしているカメラマンとも古いつき合いになりました。20年以上前は益子町に出かけていった折に、明智鉱業に立ち寄って、あれこれ陶土の種類を物色し、いろいろな陶土を少しずつ購入し、混合のテストピースを作っていました。現在の赤錆色の混合土に落ち着くまでに何年かかっただろうかと思い返していますが、東京銀座の個展は全て変わらない混合土で焼いたもので発表しています。600キロの陶土がやってきたことで創作へのパワーが湧いてきます。新作も決してサイズが小さいわけではありません。あるいは「発掘~根景~」以上に陶土を使うことになるかもしれません。

関連する投稿

  • 週末 益子より陶土が届く 陶彫を始めてから栃木県益子町にある明智鉱業に陶土を注文しています。かつて陶芸家の友人から明智鉱業を教わり、益子を訪ねた時は必ず店に顔を出しました。さまざまな陶土を使って混合実験をやっている時も、少量 […]
  • 週末 新作の成形・加飾 今日は朝から工房にいました。新作の成形に手を入れた後、表面に彫り込み加飾を行いました。陶土がちょうどいい乾燥具合になっていたので、ヘラや掻き出しベラを使って、矩形の彫り込みを施しました。身体中全てが […]
  • 週末 いつも通りの制作 今日は朝から工房に篭りました。いつも通りの制作、これが出来る幸せを噛み締めながら作業に没頭しました。創作活動に関わっていると自分は元気になります。春に向かうこの季節は制作に対するモチベーションが上が […]
  • 週末 昨日の疲労を抱えて… 昨日は職場で野外イベントがあって、朝7時から勤務していました。夜は近くの店で振り返りの会を持ちましたが、成功を祝う打ち上げのようになりました。昨夜の遅い帰宅は今日の制作に響いています。私としては大き […]
  • 週末 素材との対話 職場の残務整理のことが頭を過ぎりつつ、今日は朝7時から夜7時まで工房に篭りました。明日は別の用事があって制作三昧とはいかないのです。「発掘~層塔~」の残り陶彫部品が10個となっています。今日はそのう […]

Comments are closed.