8月RECORDは「収」

私は律儀な性格なので、箱の中に何かがきちんと収まっているのを快く感じます。陶彫による集合彫刻にしても展示が終われば分解をして、自分が作った木箱に収めて、工房の倉庫に仕舞ってあります。今月は適度な大きさの箱にモノが収納されている状態を表現してみようと思い立ち、まずはRECORDでやってみることにしました。学生時代に美術雑誌で見たオブジェは、鞄に収まっていて運搬可能な作品であると説明がありました。鞄を開けるとその中に展開する造形的な世界観が、何とも素敵でした。碁盤の目のようになった棚に、ひとつずつ異なるオブジェが置いてあって、それぞれにドラマがあるような作品を見たこともあります。関連があるようでいて、まるでないような不思議な感じがしました。作者の中では統一したコンセプトが流れているのかもしれません。区切られた空間にモノが収まっていると、思わず注目してしまう心理が働くのを利用して、ボックスアートが登場してきました。アメリカ人造形作家コーネルのボックスアートに魅力を感じるのは、箱の中の空間という区切りが関係していると私は思っています。そこで、今月のRECORDのテーマを「収」にして、自分なりのボックスアート平面版を作ってみることにしました。今月は夏季休暇があるので、今まで遅れた分のRECORDもその際全て完成させていこうと思います。

関連する投稿

  • 7月RECORDは「伸」 今月のRECORDのテーマを「伸」にしました。若竹が伸びる、木々が伸びる、身長が伸びる、爪や髭が伸びる、「伸」には成長の過程にあって、生命力を謳歌するイメージがあります。まさに盛夏に向かって、工房周 […]
  • 毎晩やっている梱包用木箱作り 新作の撮影が終われば、多少なり時間的な余裕が生まれるだろうと期待していました。しかしながら、今年の作品は部品が多く、梱包は大変ではないかと思っていました。予想は的中し、陶彫部品を収めるための梱包用木 […]
  • 週末 個展準備が着々と… 先日の夜、カメラマンが自宅にやってきて、印刷が終わった個展の案内状を届けてくれました。昨日、職場外であった会議の後、ギャラリーせいほうに立ち寄り、案内状1000枚を届けました。個展準備が着々と進んで […]
  • 造形感覚を刺激する8月 8月になりました。私は夏季休暇5日間と年休4日間をいただいて、通常の勤務から離れ、造形感覚を刺激する機会を得たいと考えております。例年東南アジアへ数日間の旅行に出かけていましたが、今夏は海外には行き […]
  • イメージ力を保つために… 昨日、筋肉を保つために…というNOTE(ブログ)を書いていて、ふと思ったことは身体の筋肉だけではなく、頭脳でも持続力を保たなければならないのではないか、それを保つために何が必要なのか考えました。頭脳 […]

Comments are closed.