図録が届いた日

今年の個展用の図録が届きました。今年13回目の個展のため、図録も13冊目になります。私は東京銀座のギャラリーせいほうで49歳の時から個展をやらせていただいているので、あれから13年が経ち、現在62歳になりました。よくもまぁ、この歳まで大病もせず、個展を継続できたなぁと思うと同時に、目標とするところは切りのいい20回目かなぁと思っています。創作活動は人生の幕引きまでやりたいのが私の願望です。贅沢な図録を毎回作る理由は、幾度となくNOTE(ブログ)に書いていますが、私の作品が集合彫刻なので、個展開催中しか作品の全貌が見せられないためです。個展が終われば分解して収納してしまうので、図録の画像だけが作品を示せる唯一の方法なのです。写真に収めておくことは、自作が面倒な彫刻形態である以上、絶対に必要なことです。もうひとつ、図録は写真のもつ光陰の美しさが表れてきます。野外で撮影するのも外光が降り注ぐ効果を最大限に生かしたいからです。彫刻は野外に置くことで、彫刻の彫刻たる存在が示せるものだと私は考えています。ただし、恒久的に野外に置くことは木彫には不向きです。そこで少なくても図録撮影の時だけは野外に置いて、彫刻の存在を確かめてみたいのです。図録も出来上がり、後は本番の搬入を待つばかり。いよいよ個展が迫ってきました。

関連する投稿

  • 16’個展オープニング 11回目の個展の初日を迎えました。今年も個展が出来たことで内心ホッとしています。こればかりは自分の健康状態や新作の完成ばかりではなく、ギャラリー側の事情もあるので、今年も企画を入れていただけたことに […]
  • 搬入アクシデント NOTE(ブログ)にはその日の記録の役割があります。自分がアーカイブを見て、現在のことを確かめるために使うことが多いからです。今日の搬入のことも書きとめておこうと思います。今日は若いスタッフ4名と運 […]
  • 13‘個展オープニング 今日から東京銀座のギャラリーせいほうでの個展が始まりました。まず現在の職場の人たちや前の職場の人たちが大勢来ていただいたことに感謝申し上げます。新象美術協会の画家小野さんや鎌倉彫の彫り師安斉さん、大 […]
  • 個展開催中のもうひとつの仕事 昨日より東京銀座のギャラリーせいほうでの個展が始まり、初日には多くの関係者に来廊していただきました。有難うございました。今日から3日間は横浜市公務員管理職としての仕事が詰まっていて、私はギャラリーに […]
  • HPのEXHIBITIONに13‘個展をアップ 毎年7月にギャラリーせいほうで企画していただいている個展も今年で8回目になりました。自分のホームページに展示風景を毎年掲載しています。今年は初日に懇意にしているカメラマンが来て撮影をしていただきまし […]

Comments are closed.