週末 作品保管場所の確保

今月の個展が終了したら、現在搬入を待っている現行作品が戻ってきます。売れるかもしれないと淡い期待もあるのですが、大きな彫刻が売れることは滅多になく、そのまま梱包用木箱に入って手元に返ってくると考えた方がよさそうです。今日は昨日と同じように新作の床に接する陶彫部品の下書きをやっていました。その下書きを全て決定したところで、搬出された場合の作品置き場を考えました。相原工房の半分は作品収納庫になっていますが、そろそろ保管場所がなくなってきていて、現行作品をどこに置こうか考えていかなければなりません。軽い木彫の柱やテーブルはロフトに上げようかとも思っています。梱包用木箱は重量があるので、1階に置かざるを得ないのですが、さて、梱包用木箱27個分の場所が取れるかどうか難しいところです。板材や柱材の木っ端が捨ててある場所があり、そこを整理することにしました。木っ端をジグゾーで小さく切り刻んで、ごみ用のビニール袋に入れ、完全に処分することにしました。木っ端は何かに使えるかもしれないと思って取っておいたのですが、保管場所の確保のためには仕方ないと判断しました。そこにあったその他の荷物はロフトに上げようと思っています。そこにはまた制作に必要な資料書棚がありますが、これも移動しようと思っています。そうすれば保管場所の確保は可能です。今日は木っ端の切断で一日が終わってしまいました。昼ごろには運送業者を呼んで、搬入の打ち合わせをしました。夕方には職場近くで地域行事があったため、昨日に引き続いて出勤しました。あとは搬入前の土曜日が残された整理の時間です。頑張りたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 新作へ向けて 今日の午前中は7月個展に出す作品の梱包を行い、午後になって来年の新作に向けて歩き出しました。新作は木彫レリーフによる三双屏風で、陶彫部品を埋め込むのは「発掘~混在~」と同じですが、木彫部分がかなり異 […]
  • 8月 制作目標を考える 8月1日になりました。今日は生活習慣病検診があって、職免をいただいて午前中は病院に行きました。胃の検診でバリウムを飲むので、午後は職場に行かず、今日も昨日と同じ夏季休暇の半日分を取りました。自分はバ […]
  • 週末 新作陶彫を作り始める 今日は朝から工房に篭りました。今日は私に関わりがある美術系の高校生が夏休みの宿題をやりに工房に来ていました。今日は先日練っておいた陶土をタタラにするところから作業を始めました。菊練りした陶土を適当な […]
  • 京都 1年ぶりの再会 京都には滞欧時代によく遊んだ版画家の渡辺聖仁さんが住んでいます。昨年は久しぶりに会って旧交を温めましたが、今年は1年ぶりの再会です。まず自分の図録を渡して個展の報告。すると渡辺さんも11月に名古屋で […]
  • 風薫る5月初め 5月になりました。今日と明日は通常出勤なので、今日は連休に挟まれているものの職場でしっかり仕事をしています。この時期は重要な調査を抱えているので、2日間の出勤はやむを得ないと思っています。5月は風薫 […]

Comments are closed.