7月RECORDは「伸」

今月のRECORDのテーマを「伸」にしました。若竹が伸びる、木々が伸びる、身長が伸びる、爪や髭が伸びる、「伸」には成長の過程にあって、生命力を謳歌するイメージがあります。まさに盛夏に向かって、工房周辺の草が伸びていく景色を見て思いついたコトバです。今年は梅雨明け宣言が例年より早く、もう夏の気分がしています。そうした気分を表すコトバが「伸」ではないかと思っています。今年のRECORDは何かしらのパターンを画面構成に持ち込んでいます。先端が若干細くなった柱を3本描き、そこに伸びていく対象を加えることを思いつきました。上昇していくイメージは、嘗てRECORDで何回か試みていますが、爽やかな季節を表すのに都合のよいパターンではないかと思うのです。最近また悪癖が出て、RECORDが停滞気味です。個展開催に纏わるさまざまな仕事、たとえば作品の梱包や案内状の印刷投函が一段落すれば、下書きだけが先行しているRECORDを仕上げる時間的な余裕も生まれるのではないかと思います。もちろん、現在進行形のRECORDを途中で放棄する気持ちにはなれません。何とか継続したいと願っています。

関連する投稿

  • 週末 新作イメージの確認 昨日から新作の2つ目の塔を作り始めています。朝から工房に行って、作業に取り掛かる前に床置きの部分を設計した図を広げました。そこで2つ目の塔が最初に作った塔に比べると、やや小さなサイズになっていたこと […]
  • 5月RECORDは「隙」 「隙」は隙間という単純な意味から、不和であったり、油断することであったり、マイナスイメージを連想するコトバです。RECORDは視覚的な構成要素に置き換えるので、心理的な表現を追求することに、たとえば […]
  • 6月RECORDは「重」 今年のRECORDは、画面全体に文様パターンを持ち込んでいます。6月は同じ大きさの円が6つ並ぶ画面を設定しました。その円内にモノが重なっている状態をイメージして、円のデザインと融合するような作品を目 […]
  • 10月RECORDは「象」 「象」は動物のゾウではなく、象形や象徴を意味する文字として選びました。最初にイメージしたのは碑文のような刻印された文字で、読解出来なくても、そこに不思議な雰囲気が醸し出される世界でした。文明の曙期で […]
  • 週末 個展準備が着々と… 先日の夜、カメラマンが自宅にやってきて、印刷が終わった個展の案内状を届けてくれました。昨日、職場外であった会議の後、ギャラリーせいほうに立ち寄り、案内状1000枚を届けました。個展準備が着々と進んで […]

Comments are closed.