5月のまとめと6月に向けて

6月になりました。昨日まで関西に行っていた関係で、5月のまとめが出来ていません。まず、先月を振り返ってみることから書き始めます。5月は陶彫制作に精一杯取り組んでいました。5月は連休があり、制作日が多く取れたことが幸いして、「発掘~根景~」の柱陶制作から始まり、同作品のテーブル部分の塗装、「発掘~角景~」の柱の木彫、テーブル部分の刳り貫き作業と砂マチエール、「陶紋」4点の制作、印章の準備など、数え上げればかなり多くの作業をやっていたことになります。ウィークディの夜も頻繁に工房に通いました。陶彫部品は全て完成して、あとは組み立てるだけになっています。図録用の撮影が済むまでは心配の種はつきませんが、1ヶ月の創作活動とすれば疲れた身体に鞭を打って頑張れたように思っています。精神がフロー状態になることを度々経験しました。昼間の仕事も、休日出勤があったり、野外イベントがあったり、関西へ2泊3日の出張があったりして多忙でした。美術鑑賞では「ジョルジュ・ブラック展」(パナソニック汐留ミュージアム)、「プラド美術館展」(国立西洋美術館)、「エリオット・アーウィット展」(何必館・京都現代美術館)の3つ、映画鑑賞では「北斎」、「馬を放つ」(どちらもシネマジャック&ベティ)の2本、その他に京都の松尾大社の庭園や東寺の仏像を鑑賞してきました。 5月は鑑賞もよく出かけていたと自負しています。夜の工房に通っていた影響で、RECORDが多少滞っていますが、まだ下書きの山積みはそれほどでもないので、すぐ挽回できると思っています。鞄に携帯していたアートと美学に関する書籍は読み終わりました。京都へ行く新幹線の中で最後の章を読んでいました。まとめは来月早々NOTE(ブログ)にアップいたします。さて、6月ですが、図録用撮影が頭から離れず、先々のことが考えられない状態です。6月3日が過ぎれば、その先のことが計画できるだろうと思っています。6月の目標を立てるのは3日以降にします。

関連する投稿

  • 9月は陶彫一辺倒 9月になりました。秋の気配が待ち遠しいこの頃です。創作活動は涼しくなる秋が一番向いていると思っています。今月は先月の陶彫成形の遅れを取り戻したいと考えています。先月の目標だった大きい陶彫6点のうち出 […]
  • 週末 4月を振り返って… ゴールデンウィークの2日目で、4月の最終日を迎えました。今月は年度当初にあたり、私は再任用管理職として出発しました。とは言え、昨年度と仕事は変わらず、責任もそのままで、給与のみが下がっています。今の […]
  • 週末 1月を振り返る 早いもので1月の最終日を迎えました。2016年も光陰矢の如く過ぎていくように思われます。今月は正月の休庁期間や三連休があって、新作の制作工程を少しでも進めようとしていました。それが遅々として進んでい […]
  • 年度末そして3月最後の週末 年度末の最終日を迎え、勤務を要しない土曜日であっても、職場では荷物の片付けや整理をする職員がいたことでしょう。私は創作活動があるため出勤はしませんでしたが、私の書類の片付けもまだ終わっていません。今 […]
  • 微妙な気分で迎える3月 再任用管理職として年度末を迎えています。若い頃の計画では、定年退職したら晴れて彫刻家を名乗り、創作活動に邁進すると考えていました。当時は作業場もままならず、個展さえ憧れの対象であった頃の話です。その […]

Comments are closed.