関西出張① 仕事の狭間を使って…

私たちの職種は1年間に1回は宿泊を伴う出張があります。横浜市に100以上ある職場の内、京都府や奈良県に行くケースが多く、私の職場では今日から大阪、京都、奈良を回る2泊3日の出張がありました。私は全体の責任職として同行しましたが、仕事の実務は職員が行っているため、私には多少の時間的余裕が出来ます。その時間を利用して、例年社寺を回ったり、美術館に立ち寄ったりしています。今回の関西出張では、京都の松尾大社、東寺、それと何必館に行こうと思っていました。松尾大社は作庭家重森三玲の庭園があり、まだ実際の庭園を見たことがなかったので、機会があったら幸いと考えていました。東福寺にある重森三玲の庭園は幾度となく訪れていて、その度に石が点在する空間に刺激を受けていました。彫刻は場を創出する芸術なので、庭園に近い存在であろうと思っています。禅寺の古い庭園も学ぶべき空間がありますが、現代に通じる重森三玲の庭園は自分にとって身近です。東寺は立体曼荼羅というべき仏像が林立する空間があり、ここにも魅力を感じています。密教や曼荼羅に私は疎いので、これから勉強したい分野なのです。何必館は現代美術を扱う美術館で、祇園の近くにあります。北大路魯山人のコレクションで知られる美術館で、その5階に小さな室内庭園があり、私は過去度々訪れて、ここを眺めては心を潤してきました。仕事での緊急対応がなければ、京都の祇園界隈は散策にはとても良い場所だと思っています。因みに店舗と喫茶を併設している鍵善良房は私のお気に入りの和菓子店で、喫茶ではくずきりを注文します。そんな関西出張を楽しみたいと思っています。

関連する投稿

  • 出雲の「県立古代出雲歴史博物館」 先日、島根県の出雲大社を訪れた際、広大な敷地内に「島根県立古代出雲歴史博物館」がありました。炎天下を避けて同館に入った時は、空調が効いている室内にホッとした記憶が甦ります。同館の展示物で印象的だった […]
  • 山形県へ① お世話になった人の墓参り お盆休みが始まるため、山形新幹線の指定席確保が困難で、朝から予定していた山形県行きが午後になりました。山形県上山市にはもう30年以上も交流のある画家サイトユフジさんが住んでいます。ユフジさんとは20 […]
  • 山形県へ② 「山の日」に蔵王へ登る 昨日から山形県上山市に来ています。今日は「山の日」です。山形県と宮城県に跨る蔵王にサイトユフジさんの案内で登りました。私の家内はユフジさんと大学の専攻も同じで、直系の後輩になるのです。空間演出を学ん […]
  • 三連休 美術館&映画鑑賞へ 三連休初日です。夏季休暇が終わり、仕事が始まったこの時期の三連休は、ちょっとした骨休みになって嬉しい限りです。私は公務員管理職と彫刻家の二足の草鞋生活なので、一日中ゆっくり休むことは出来ませんが、そ […]
  • 連続して制作が可能な日々 「働き方改革」により今年は職場が長めの休庁期間を設定し、私も夏季休暇5日間の他に年休をいただいて、今週は創作活動に邁進しようと思っています。連続して制作したのは年末年始の休庁期間以来です。たとえ数日 […]

Comments are closed.