週末 最後の窯入れ準備&土曜名画座

週末になりました。今日は職場関係の仕事が午前中にありました。制作の追い込みで陶彫一辺倒という日にはならなかったのですが、それでも時間を作って、新作最後の窯入れの準備を行いました。陶彫は一気呵成に出来上がるものではなく、時間をかけても仕上がりに近づくものではありません。成形と彫り込み加飾には時間をかけますが、その後の乾燥や仕上げや化粧掛けには「待ち」時間があるのです。その分、完成までの制作工程を予め考えておく必要があります。私は「待ち」時間を利用して美術館や映画館に出かけるのです。たとえ図録撮影日が迫っていても、油絵の具を乾かす時間やら焼成時間は「待ち」時間になり、こればかりは自分ではどうにもならない工程なのです。今日は職場関係の用事が済んでから、窯入れの準備のためにあれこれ細かい作業を行いました。夕方は「待ち」時間がやってきたので、恒例の土曜名画座に出かけました。家内が演奏活動があったので、今晩は私一人で横浜のミニシアターに行きました。観た映画は「馬を放つ」というキルギス共和国が舞台となった物語でした。中央アジアの天山山脈の麓に広がる山岳と草原の国キルギス。遊牧文化を基礎として、民族カラーが色濃く残る国柄で、生活に宗教も反映され、私は広大な風景の中に展開する日常とも非日常ともとれる物語に夢中になりました。私には未知な世界で、キルギスは日本で得られる情報の少ない国のひとつではないでしょうか。少し前に岩波ホールで上映されていた映画で、横浜のミニシアターにもやってくるかなぁと思って待っていたのでした。映画は「馬は人間の翼である」というキルギスの諺を中心に据えた、神話的なユートピアを求め続けた主人公の悲劇を描いていました。詳しい感想は後日改めますが、美しい風景を眺めるだけでも心が潤ったように感じました。

関連する投稿

  • 連続して制作が可能な日々 「働き方改革」により今年は職場が長めの休庁期間を設定し、私も夏季休暇5日間の他に年休をいただいて、今週は創作活動に邁進しようと思っています。連続して制作したのは年末年始の休庁期間以来です。たとえ数日 […]
  • 週末 陶彫成形&映画鑑賞 今日も昨日に続き、朝から陶彫成形に没頭しました。8個目の陶彫成形が終わり、新作で床を這る根は残すところ8個で、ちょうど半分が出来たことになります。今日の夕方は窯入れをしたので、明日から2日間は工房の […]
  • 三連休 制作&夜は映画鑑賞 三連休の最終日です。昨日に引き続き、工房で制作に明け暮れました。小さめのテーブル彫刻の陶彫部品と、大きいテーブル彫刻の床置きの2段目となる陶彫部品を併行して作っていました。朝9時から夕方4時までの7 […]
  • 週末 制作&フェルメールに通じる映画鑑賞 昨日が休日出勤だったため、仕事から帰ってきた夜に、工房に出かけて陶彫成形のためのタタラを準備していました。今日は朝から工房に籠って、23個目になる陶彫制作をやっていました。朝から夢中になって制作をし […]
  • 週末 またしても土曜名画座へ 週末になりました。朝から工房で制作をしていました。今月初めに立てた制作目標がなかなか厳しくて、ともかくひたすら作り続けなければならない状況に自分を追い込んでしまっています。大きめのタタラを6枚作り、 […]

Comments are closed.