2018年版 印章のデザイン

毎年、印用の石材に自分の氏名を彫っています。今年は2点作る予定です。どうして新しい印章を作り続けているのか、私がずっと取り組んでいる陶彫による集合彫刻にその理由があります。今年は7月の個展で発表する集合彫刻は2点あり、その部品一つひとつに押印した和紙を貼っているのです。陶で作った作品にはサインをせず、印章を付けた和紙で作品の証明をしています。多くの部品を集めて構成する集合彫刻なので、印章付きの和紙には番号を書き入れています。番号を順番に合わせていけば、集合彫刻が組み立てられるようにしてあるのです。集合彫刻は部品をばらして別々の箱に入れて保存します。あらゆる陶彫部品を箱詰めして倉庫に保管していますが、作品が新旧混乱しないようにそれぞれ異なる印章をつけているのです。そのため、新作に貼り付ける印章は毎年新しいものを彫る必要があります。今回は新作の「発掘~根景~」と「発掘~角景~」の2点が新たに作る印章なのです。「陶紋」はシリーズとして、続き番号で制作しているので、印章も同じものを使っています。以前から私は印章のデザインはかなり自由にしていて、印章は小さな抽象絵画としてイメージしています。今までも本格的な篆書を彫ることはありませんでした。縛りは自分の氏名があれば充分で、字を崩すことを楽しみながらやっているのです。そろそろ印章を作らなければならない時期がきました。

関連する投稿

  • 「発掘~増殖~」焼成終了 「発掘~増殖~」は床を這っていく有機的なカタチを陶彫で表現したモノで、どのくらいの大きさにするか決めかねていましたが、来年ギャラリーで発表する作品は、ギャラリーの広さを考えて、ある程度の大きさに限定 […]
  • 印のデザインを考える 新作には新しい印を彫って、それを押しています。とくにパーツで成り立つ集合彫刻では分解した時に、それぞれの作品のパーツがわからなくなる可能性があります。そこで新作には必ず新しい印を作って押すという習慣 […]
  • サイン代替の印について 新作の完成にはサインをして作品がオリジナルであることを証明します。版画ではエディション番号とサインでオリジナルであることを示しています。最近では空間を変容させるインスタレーションがあったり、市場に出 […]
  • 週末 新世代とともに… 5月になって若い子たちが工房にやってきました。美大の2年生とこれから社会人入試で美大を受験する子です。この子たちはアーティストの卵として、いずれ自分の表現を獲得してデビューする新世代の子たちです。工 […]
  • 篆刻の小宇宙 彫刻の新作を作るたびに篆刻を和紙に押印して作品の裏に貼り付けています。いわばサインの代わりです。自作のほとんどが集合彫刻なので、パーツすべてに押印しています。新作ごとに印を彫るので毎年増えていきます […]

Comments are closed.