魔物が棲む夜の工房

幾度かNOTE(ブログ)に書いていますが、ウィークディの夜に工房に行くことが結構あります。仕事から帰ってから、疲れた身体に鞭打って工房に行きますが、夕食や風呂に入る前に出かけます。夕食等取ってしまうと、気分的に彫刻制作をするのは厳しいなぁと思っています。根拠はありませんが、満腹感は創作活動と反比例するのではないかと思うところです。であるならば、工房は仕事から帰って即出かけるのがベストです。工房は不思議な空間で、私は魔物が棲んでいるのではないかと常々感じています。その魔物は創作活動では歓迎すべき守護神です。工房に行って制作途中の作品を見ると、忽ち疲労感から解放され、意欲が湧きたち、何かに憑かれたように手が動きます。これは工房のどこかに不思議なパワーが隠されていて、自分を作業に集中させるのだと信じています。自宅なら気持ちが緩み、身体中が怠くなり、全てのヤル気が失せてしまうのに、どうして工房はそうならないのか、自分を甘やかすものが何もないためか、こればかりは不思議でなりません。自宅は身体を休めるところ、工房は創作活動をするところだと脳にインプットされているのかもしれません。自宅の食卓で作っているRECORDが苦しいのはそのためかもしれず、でも埃っぽくザックリした空間の工房でRECORDをやるのは、何となく落ち着かないのです。工房は彫刻というアクティヴな表現に向いている空間で、スポーティな魔物が憑く場所なのです。

関連する投稿

  • 微妙な気分で迎える3月 再任用管理職として年度末を迎えています。若い頃の計画では、定年退職したら晴れて彫刻家を名乗り、創作活動に邁進すると考えていました。当時は作業場もままならず、個展さえ憧れの対象であった頃の話です。その […]
  • 意匠に思いを寄せて 現在、自分の創作と呼べるものは陶彫・木彫による彫刻作品とポストカード大の平面作品RECORDだけです。横浜市公務員という身分保障があって、週末だけで制作をしているのですから、これ以上は時間的に厳しい […]
  • 創作に思いを馳せて… 公務員としての仕事中に、ふと創作に思いを馳せることがあります。ほんの少し心を解放して制作中の作品のことを考えます。頭の中で描くイメージ。顕在化しない自分の中の自由な落書。まだ自己表現を見つけられない […]
  • 週末 RECORD撮影日 例年5月に個展用の図録撮影がありますが、陶彫作品だけでなく、自分にはRECORDと称するポストカード大の平面作品があります。毎晩自宅で作っている小さな作品ですが、塵も積もればの感があって作品点数はか […]
  • トレーニングに関する雑感 スポーツにはトレーニングがつきものですが、創作行為や物事の発想にもトレーニングが必要だと感じます。創作における日々のトレーニングは、イメージ力を高めると確信しています。私の場合のトレーニングはREC […]

Comments are closed.