週末 「根景」柱の木彫

今日は朝8時半から夕方5時半まで、通常より長い制作時間を取りました。図録用撮影日が近づいているため、身体に鞭打って制作を頑張っていました。今日の作業内容は「発掘~根景~」の4本柱の先端の木彫でした。「発掘~根景~」の4本柱は陶板を貼り付けていく方法を考えていますが、先端部分は木彫で少しずつ細くしていこうと思ったのでした。床から80cmは陶板がありません。そこに鑿の彫り跡をつけてみました。昨年発表した「発掘~宙景~」も同じ表現方法でやっています。今年の新作は昨年に比べ、柱が高いのですが、その分彫り跡が多くなり、時間がかかりました。午後になって、柱陶になる陶板8枚と小品2点の仕上げと化粧掛けを行ってから、窯入れをしました。窯入れをもう1回やれば個展の作品は全て出揃います。今月終わりにある関西出張までに焼成は終わらせたいものです。昨日は「発掘~角景~」のテーブル部分に砂マチエールを施しましたが、硬化剤が固まるまでにもう少し時間がかかりそうです。「発掘~根景~」も「発掘~角景~」も完成までもう一息ですが、ここからが長い長い一息になり、気持ちの中では焦りと厳しさが交差します。緊張感が途切れないのは良いことだと思っていますが、シンドさを人一倍感じています。こんな時の息抜きは、遅い時間帯にちょこっと行ける映画館かなぁ、映画を観ていると辛い創作活動を忘れられるかなぁ、それとも映像に刺激を受けて息抜きにならないこともありうるなぁ等と、作業中の休憩時間に現実逃避とも思えることをぼんやり考えていました。しかしながら今晩は、映画館ではなくホームセンターに車を走らせ、接合用ボルトナットを大量に購入してきました。そろそろ全体を組立てることを考えなければなりません。

関連する投稿

  • 週末 「発掘~地殻~」陶彫部分の完成 「発掘~地殻~」陶彫部分の窯出しが全て終わりました。「発掘~地殻~」は今年の夏に東京銀座のギャラリーせいほうで発表予定の新作です。陶彫部品は昨年と同様に6点の屏風仕立てにして、その1点ずつに接合しま […]
  • 6月の終わりに… 雨が降ったり猛暑に見舞われたり、6月は体感的には快い1ヶ月ではありません。それでも比較的充実した制作が出来たのは、陶彫という表現と陶の素材によるものだと思います。陶土は湿度が高いほうがゆっくり乾燥し […]
  • NOTE(ブログ)2000に到達 NOTE(ブログ)は2006年3月16日から書き始めて、今日で2000の原稿をアップしたことになります。ほとんどが美術に関するもので、制作日記や素材への関わり、芸術家に関する雑感等を書いています。と […]
  • 週末 「発掘~宙景~」柱の調整 「発掘~宙景~」は組み立てや設置に手間のかかる集合彫刻です。4本の柱陶で正方形に近いテーブルを支え、そのテーブルの下に陶彫部品を複数吊り下げていく構造です。前に木材店で2m50㎝でカットしてもらった […]
  • 「混在」木枠部分の完成 「発掘~混在~」は今年の夏の個展で発表する三双屏風からなる半立体の作品です。つまり畳大のボックスを縦に6つ、屏風のように置いてみようと考えているのです。ボックスには陶彫部分と木彫部分があって、それを […]

Comments are closed.