野外イベントがあった日

私の同業者は、今日のイベントが何なのか、察しがついていると思いますが、拡散を怖れて私は職種を言わないようにしています。今日、私の職場では1年1回の野外イベントがありました。このイベントは天候に左右されるものですが、今日は晴天に恵まれた一日になって、難なくすべてのプログラムを行うことが出来ました。私たちは普段は専門ごとに分かれて仕事をしています。言わば専門職集団ですが、職場全体で行うイベントは、専門の垣根を越えて、それぞれが連携し合ってイベントを盛り上げていきます。私たちの職種は自己判断や決断が要求されるもので、イベントでも指示を待つことなく全員が自ら考えて行動しています。もちろん指示系統はしっかりしていますが、細かい部分は臨機応変して対応しているのです。朝早くから夜の反省会まで、本当にお疲れさまと私は立場のある者として、全職員を労いたいと思いました。こうしたイベントは若手職員の人材育成に役立つもので、人とコミュニケーションを図ることで、職場としての組織連携が強いモノになり、若手職員のスキルが向上すると常日頃から感じています。私の職場は手前味噌ながら、若手職員が前向きで人一倍頑張る環境があります。若手職員がお互い切磋琢磨することもあり、それが職場全体に良い影響を与えているのです。小さな問題は多々あっても、私は監督者として職員全体には及第点をつけています。それがあるからこそ自分が思い切り創作活動が出来ると思っているのです。来週からは部署ごとに宿泊を伴う出張が続きます。私も含めて職員の健康維持を願うばかりです。

関連する投稿

  • 映画「懺悔」雑感 ジョージア(グルジア)映画「祈り […]
  • 週末 筋肉を保つために… 週末ごとに陶彫制作に取り組み、その陶彫部品を集めて大きな集合彫刻を作っています。今は7月の個展に向けて陶彫部品ひとつずつをエアキャップで包んで箱詰めをしています。梱包作業は来週まで続きそうです。昼間 […]
  • 七夕飾りで心に潤いを… 職場で笹に願い事を吊るす七夕飾りを作ろうという動きがありました。七夕は節句のひとつで、元来は中国の行事であったものが、奈良時代に我が国へ伝わったようです。七夕を調べてみると、中国には乞巧奠(きこうで […]
  • 生涯学習としての芸術活動 生涯学習とは何か、昭和56年の中央教育審議会答申を紐解けば「人々が自己の充実・啓発や生活の向上のために、自発的意思に基づいて行うことを基本とし、必要に応じて自己に適した手段・方法を自ら選んで、生涯を […]
  • 「夏休み」気分になって… 今年の個展が終わり、私の気分としては「夏休み」になりつつあります。「夏休み」というのはとても響きの良いコトバだなぁと思っています。小学校、中学校、高校と夏休みを経験し、私もそれぞれ思い出を残してきて […]

Comments are closed.