陶磁器から芸術作品へ

「『走泥社』を結成した若手の陶芸作家たちは、陶磁器を芸術作品にした。画期的なことだった。彼らは精緻な陶芸品を作る卓越した技術の持ち主だった。彼らの作品、実用を旨とする美術品、工芸品が『帝展』や『日展』に入選してきたのは当然のことだった。その彼らがその誇るべき技術を揮って、まるで実用性のない陶芸品を作ったのである。何ともパラドキシカルな、悪戯ともおふざけ半分ともいえるような制作物であった。しかしこの無用の陶芸品、『もの』、オブジェとしか呼びようのない代物が『芸術作品』になったのである。オブジェ概念のお陰を蒙ったといって、過言ではない。いやいや、若い作家たちはむしろ、オブジェ概念に狙いを付けていたのだった。今日、走泥社の開いた新しい造形の道の上に、陶芸は次々と意欲的な作品の道標を築いて進んでいる。陶芸は旧来のジャンルよりも活発に、そして縦横に制作を続けている。マチエール、マニエールともに、陶芸はまだまだ可能性を持っているように見える。伝統的な技術として、陶芸が多くの制約を負っていることは確かだけれども、先に『保守』に関して触れたように、制約の中にこそ可能性が埋もれているとしたものである。」長い引用になりましたが、今読んでいる「アートと美学」(米澤有恒著 萌書房)の中に、私としては注目すべき内容が出てきたので、その部分を全文載せました。私の創作の立脚点はここにあります。もちろん「走泥社」だけではなく、イサムノグチやピカソ、ミロの自由奔放な陶芸に私は触発されていますが、「走泥社」の八木一夫の影響は計り知れません。私は決して精緻な技法を身に付けているわけではないのですが、陶彫の可能性をどこまでも信じて制作をしている一人です。

関連する投稿

  • 爽やかな5月に… 5月になりました。爽やかな季節になって、凌ぎやすい気温の中で創作活動に拍車がかかりそうです。私は暖かくなるこの時期にヴァイオリズムが上昇するらしく、制作に活気が出てきます。今月はゴールデンウィークと […]
  • トレーニングに関する雑感 スポーツにはトレーニングがつきものですが、創作行為や物事の発想にもトレーニングが必要だと感じます。創作における日々のトレーニングは、イメージ力を高めると確信しています。私の場合のトレーニングはREC […]
  • 歯車のRECORD 20代の滞欧時代に作った自分の初期の版画に、車輪のような歯車のようなイメージを描きました。具象彫刻をやっていた自分が初めて抽象を意識した作品で、版下は捨てられずそのまま日本に持ち帰ってきました。まだ […]
  • 週末 柱修整仕上げ&印の彫り 連休2日目は制作三昧の一日でした。「構築~解放~」の壊れた柱1本を修整して、何とか仕上げまでもっていきました。細部はまた明日に継続します。午後は新作「構築~楼閣~」の陶彫部品に貼る印を彫りました。今 […]
  • どこまで修整が許せるか… どこまで修整が許せるか、これは作品制作における素材が意図に反して起こすアクシデントのことです。自分の制作を突き詰めていく修整(修正)のことではありません。たとえば木彫における木材の裂け目、石彫におけ […]

Comments are closed.