GW③ 4月を振り返る

ゴールデンウィーク3日目です。この三連休の後、2日間仕事で出勤し、また4連休があります。今日で前半のゴールデンウィークが終わりました。当初の制作目標ではこの三連休で「発掘~角景~」を完成させるはずでしたが、「発掘~根景~」の柱陶が出来ていないのに気づき、優先順位を変えました。昨日から今日にかけて集中して柱陶の制作を行っていました。柱陶は今まで作ったものを差し引くと、不足分28個を作らねばならないことが判明しました。昨日と今日で12個を作ったので、残り16個になりました。ゴールデンウィーク中に何とかしようと思っています。今日は2晩続いた映画にも行かず、朝からずっと陶彫制作に時間を費やしました。制作に集中していると時間は瞬く間に過ぎていきます。今が頑張り時と自分で覚悟を決めていて、陶土と自分の手を見つめ続けました。ふと気づけば今日が4月の最終日。初夏を思わせる気候になり、作業中は汗が滴っていました。今月は「発掘~根景~」と「発掘~角景~」の制作が佳境を迎え、週末は毎回工房に篭っていました。焦る気持ちは来月も続くでしょう。一日1点ずつ葉書大の平面作品を自宅で制作しているRECORDも充実していました。その日のRECORDはその日のうちに、という初心に返って、この小さな創作活動に邁進しました。鑑賞も充実していました。美術の展覧会では「名作誕生」展(東京国立博物館)、「百花繚乱列島」展(千葉市美術館)、「横山大観展」(東京国立近代美術館)、その他に公募団体の展覧会にも足を伸ばしました。映画鑑賞では「ぼくの名前はズッキーニ」、「女は二度決断する」、「ザ スクエア」(以上がシネマジャック&ベティ)、「シェイプ オブ ウォーター」(横浜ニューテアトル)と続きました。展覧会4つ、映画4本は1ヶ月分としては充分な成果かなぁと思っています。読書はゆっくりなペースで美学者が著した書籍を読んでいます。職場は新しい人事のもとで船出をしました。まだ今後のことは何とも言えませんが、職場が落ち着いて新年度を迎えられたからこそ、私が創作活動や鑑賞に没頭できたのではないかと思っています。そういう意味で全職員に感謝したいと思います。

関連する投稿

  • 11月は鑑賞が充実 11月の最後の日になり、1ヵ月を振り返ってみたいと思います。今月から窯入れが始まり、ウィークディの夜の時間帯は焼成時間と重なっていたため、窯以外の電気が使えず、夜の工房に出かけることはありませんでし […]
  • 鑑賞・制作とも充実した1ヶ月 今日で9月が終わりますが、夏季休暇明けの校務が始まっている中で、今月は鑑賞・制作とも充実した1ヶ月だったと思います。まず展覧会は「種村季弘の眼」展(板橋区立美術館)「発掘された日本列島」展(江戸東京 […]
  • 閏日に今月を総括する 4年に1度の閏日。この特別な日に今月を振り返ってみたいと思います。陶彫制作では窯入れを頻繁に行いました。電気代がかなり高くなるので、どのくらい窯入れをしたのか見当がつきます。その窯入れのために乾燥し […]
  • 充実した8月を振り返る 8月の最終日を迎え、今月の制作状況や鑑賞したこと等を振り返りました。陶彫制作は残念ながら目標に達成せず、6点中2点しか出来ませんでしたが、テーブル彫刻の柱の木彫は8本彫り上がりました。というのは久し […]
  • 1月を振り返って… 今月は早かったなぁと思います。制作は週末を使って陶彫部品作りに明け暮れました。「発掘~宙景A・B~」に吊り下げる大きめの陶彫部品をいくつ作れたのだろうと確認中ですが、精一杯やっていたにも関わらず、焦 […]

Comments are closed.