映画「女は二度決断する」雑感

先日、横浜の中心街にあるミニシアターに「女は二度決断する」を家内と観に行きました。ドイツのハンブルグを舞台に、主人公は生粋のドイツ人女性、夫はトルコ系移民、そこに生まれた一人息子。麻薬に手を染めて服役していた夫でしたが、息子が生まれてから、真面目に働くようになり、幸せな家庭を築いていました。ある日、夫の事務所の前で爆発があり、一瞬にして夫と息子を失ってしまった主人公。在住外国人を狙った人種差別主義のテロであることが判明し、容疑者が逮捕され、そこから裁判が始まりました。裁判では被害者の人種や前科をあげつらい、思うような結果の出ない法廷に、主人公はいらだちます。そこで主人公が最終的に下した決断、これがこの物語の趣旨になるところでした。法の裁きに不満だった主人公がとった行動は、「目には目を 歯には歯を」というハンムラビ法典を彷彿とさせる復讐劇でした。主人公も品行方正とは言えない環境、それでも無差別に行われた極右グループのネオナチによるテロ行為。容疑者は若い男女2人でした。男の父親は息子がヒトラー信奉者であることを法廷で告げました。父親の勇気のある行動に一瞬ホッとしましたが、それも束の間、証拠不十分という判決に憤りを覚えました。現代社会が直面している課題を、本作が炙り出しているような感覚を持ったのは私だけではないはずです。愛する者をすべて失ったら、自分はどうするだろうと私も考えました。自分には守るべきものが何もないと思った時に、どんな行動に出るだろうか、絶望の果てに何が見えてくるのか、映画の疑似体験で得るものは必ずしもハッピーエンドではありません。法律という規制に感情は収まり切れるのか、そんな究極の状況をイメージし、そこから自分なりの決着の仕方を導き出すよう促すのも映画の役割なのかもしれません。

関連する投稿

  • 2016年HP&NOTE総括 2016年の大晦日になりました。毎年この日は1年間の総括をしています。今年は7月にあった11回目の個展に「発掘~環景~」と「発掘~表層~」を出品しました。「発掘~環景~」の陶彫部品の数が多く、個展搬 […]
  • 三連休 出勤の合間に制作 三連休の中日です。今日と明日は出勤しなければならない用事があります。勤務はせいぜい1時間程度ですが、その合間に制作をしました。朝7時に工房に行って、成形をしておいた「発掘~群塔~」の陶彫部品に彫り込 […]
  • 週末 「発掘~宙景~」柱の調整 「発掘~宙景~」は組み立てや設置に手間のかかる集合彫刻です。4本の柱陶で正方形に近いテーブルを支え、そのテーブルの下に陶彫部品を複数吊り下げていく構造です。前に木材店で2m50㎝でカットしてもらった […]
  • 無声映画「アンダルシアの犬」 国立新美術館で開催中の「シュルレアリスム展」で、1920年から30年にかけて作られた無声映画を上映していました。瀧口修造全集(みすず書房)にも登場するシュルレアリスムの映画を一度は見てみたいと思って […]
  • 映画「ザ スクエア」雑感 先日、常連になっている横浜のミニシアターに「ザ […]

Comments are closed.