名作誕生「鶴の変容」

先日見てきた東京国立博物館の「名作誕生」展の中で、花鳥図の次に自分が足を留めたのが、鶴や鶏を描いた伊藤若冲の作品でした。相変わらず若冲の作品に私は惹かれてしまいます。具象ではあるけれども構成に絶妙な力量を発揮した若冲の描く鳥たちは、歌舞伎役者が舞台で暫を演じるような非の打ち所がない姿態を感じさせてくれます。若冲がその代表作となる絵画を寄進することになった相国寺には、中国の画家文正の「鳴鶴図」が伝えられていて、若冲は明らかにそれを手本にしていたと考えられます。本展には若冲の他に狩野探幽、文正の他に陳伯冲の絵画が並べられていて、鶴の羽の重なり具合を観察すると愈々興味が湧いて、その場を立ち去り難くなりました。図録に相国寺の僧が書いた一文を現代語に直したものが掲載されていました。「若冲はただ絵画だけを好んで、狩野の画技をよくする人に就いて学んだ。その画法を習得すると、ある日自省して言うことには、この画法は狩野のものであって、たとえ私がよく習得したとしても、結局、狩野の枠を超えることができない。狩野は止めて宋元画を学ぶに越したことはない。そこで宋元画を学んだ。しかし臨模すること百数十本に及ぶや、また自省して言うことには、宋元画の技法のさまざまなテクニックにはとても及ぶものではない。しかも宋元画は物を描いているが、その描かれた物を私がさらに描いたのでは、いよいよ物から離れてしまう。みずから物を見て画筆を揮う方がまさっている、と。」(河野元昭著)若冲は、狩野派や宋元画の模倣から、自身の世界観を確立するまで、紆余曲折を経て今に伝えられる若冲流の絵画に至りました。しかし、その裏に隠された努力は並々ならぬものがあったのだろうと改めて感じた次第です。

関連する投稿

  • 横浜の「ヌード展」 私の地元である横浜美術館は、企画が優れている美術館のひとつだと予てより思っていました。今回も例外ではなく、人体のヌードに焦点を当てた企画に私は興味津々でした。この企画展は数か国を巡回する大規模なもの […]
  • 横山大観「生々流転」 東京国立近代美術館で開催されている「横山大観展」の目玉は大作「生々流転」です。私は「生々流転」に描かれている水墨が織りなす自然のドラマが見たくて、東京竹橋までやってきたのでした。「葉末に結ぶ一滴の水 […]
  • GW⑤ 柱陶制作&美術館散策 ゴールデンウィーク5日目を迎えました。「発掘~根景~」の柱陶制作が残り8枚となり、今日はこれを完成すべく早朝から工房に出かけました。夕方、家内と東京の美術館へ行く約束になっていたので、その分制作時間 […]
  • 三連休 美術館&映画鑑賞へ 三連休初日です。夏季休暇が終わり、仕事が始まったこの時期の三連休は、ちょっとした骨休みになって嬉しい限りです。私は公務員管理職と彫刻家の二足の草鞋生活なので、一日中ゆっくり休むことは出来ませんが、そ […]
  • 汐留の「ジョルジュ・ブラック展」 東京汐留にあるパナソニック汐留ミュージアムは、私にとって感度の高い企画展をやっていることが多く、交通の利便さもあってよく出かける美術館のひとつです。今回の「ジョルジュ・ブラック展」も絶対に見に行こう […]

Comments are closed.