週末 早朝制作&4つの美術館散策

週末になって、今日こそは美術館に行こうと決めていました。計画していた大きな展覧会が3つ、加えて私と同じ二束の草鞋を履く職員が出品している公募展があって、今日一日で全てを回るつもりでいました。家内は演奏活動があるため、私一人で行くのならタイトなスケジュールでも何とかなると思っていました。ただし、陶彫の制作工程も厳しいので、早朝に工房に出かけ、タタラを作る等、明日の成形の準備もやりました。工房から帰って朝食を済ませ、朝9時に自宅を出ました。久しぶりに東京上野にやってきました。まず初めに見たのが東京国立博物館平成館で開催中の「名作誕生」展。これは中国の影響を受けた日本の名だたる絵師たちが、大陸の古典絵画から創作の糸口を掴み、名作を生み出していく状況を企画展示したもので、かなり見応えがありました。雪舟や若冲の大作があって圧倒されました。昨日から始まった企画展で、会場は思っていたほど混雑もなく、じっくり見ることができました。詳しい感想は後日改めます。次に行ったのが東京都美術館の「モダンアート展」。同じ職場で働く職員から招待状をもらって見てきました。いつも公募団体展に誘われて思うことは、僅かながら心に響く秀作があっても、表現したい動機が見つからない作品が少なからずあること、これはどうしたものでしょうか。マンネリズムなのかなぁと思いつつ、出品している職員の作品だけを確認して、その場を去ることにしました。それはどこの公募団体展にも言えることで、辛口評になりますが、本来は競い合って高めあう場なのに、馴れ合いが気になるのは私だけでしょうか。次に向ったのは千葉でした。千葉市美術館で開催中の「百花繚乱列島」展。これは全国津々浦々の江戸時代の絵師による展覧会で、地方に眠る才能を発掘できるかもしれないと思わせる企画でした。数人の地方絵師の優れた技法に目が留まりましたが、果たして今後脚光を浴びることになるのでしょうか。伊藤若冲も最近になって人気の出た絵師だったことを考えると、埋もれた才能が近々引き上げられることを切に願っています。これも詳しい感想は後日改めます。千葉駅前で遅い昼食を済ませてから、東京竹橋にやってきました。東京国立近代美術館で昨日から始まった「横山大観展」。夕方の時間帯だったので混乱無く会場に入ることができました。やはり圧巻だったのが絵巻「生々流転」の全貌が見られたことでした。4つ目の美術館となると移動中は足が疲れてヘトヘトでしたが、会場に入ると作品の持つ緊張感や震えるような空気に身が引き締まり、疲労を忘れました。これも詳しい感想は後日改めます。今日は公募団体展を除けば、日本画ばかりを鑑賞した一日でした。運筆や構成の妙に心が吸い込まれていくような感覚を味わいました。充実した一日でした。

関連する投稿

  • 金曜日は勤務終了後に展覧会へ 今日は私用があって2時間ほど年休をいただきましたが、年休を取らなくても金曜日の夜は美術館の開館時間が延長されているため、仕事帰りに美術館に立ち寄ることが可能です。私用はあっという間に終わり、今日は家 […]
  • 三連休② 制作&風景彫刻鑑賞 三連休の2日目です。朝から工房で制作三昧でした。今日は久しぶりに中国籍の若いスタッフが来ていました。彼女は栃木県のグループ展に参加するというので、新作を作っていました。私は相変わらず陶彫制作に勤しん […]
  • 金曜夜は美術館へ… 今日は夜になって東京の美術館から帰ってきました。実は今日は美術館巡りではなく、別の用事があって仕事を早めに切り上げ、午後は年休を取得したのでした。用事が意外に早く終わったので、家内を誘って東京の美術 […]
  • 三連休 東京の美術館巡り 三連休の中日です。今日は朝から東京の美術館巡りを行いました。一昨日NOTE(ブログ)に美術鑑賞に対する思いを書きましたが、今日はその実践日でした。巡った展覧会は4つで、いずれも表現が異なる先人達の精 […]
  • 東京青山の「円山応挙展」 先日、東京青山の表参道にある根津美術館で開催中の「円山応挙展」に行ってきました。江戸時代に活躍した写生派の絵師円山応挙は、自分には思い入れの深い画家で、それまでの格式高い絢爛たる狩野派の絵師に比べる […]

Comments are closed.