週末 恒例の土曜名画座へ

やっと週末になりました。この1週間は気遣いが多く、心身ともに疲れました。待ち遠しかった週末なので、朝から工房に篭って制作に没頭しようとしましたが、疲労感が容易に取れず、土練りと大きめなタタラを4枚作ったら、意欲が萎えてしまいました。少しばかり休憩を取るため椅子に腰掛けたら、そのままウトウトしてしまう始末で、これは制作を打ち切るしかないと判断しました。制作工程が苦しいのは百も承知ですが、身体が動かないのはどうしようもないことで、今日の分は明日取り返そうと思いました。午後は自宅で休んでいましたが、こんな時は映画に行くことにして、演奏の予定がなかった家内を誘いました。映画館は、美術館と違って自家用車で行き、近くの駐車場に留めておけば負担が軽くて済むのです。今日観た映画は「ぼくの名前はズッキーニ」で、ストップモーション・アニメーションを駆使したスイスとフランスの合作映画でした。人物や情景のデザイン性が素晴らしく、暗い背景を持った子どもたちも三頭身で作られた立体人形なら、時にユーモラスに描くことができると思いました。この物語を実写ではなく、愛らしさを備えた人形キャラクターにしたのは、暗い過去を鬱々たるものにしないための工夫なのかもしれません。結果、メルヘンな雰囲気を残しつつ、人生の底辺を生き抜く子どもたちの逞しさ、社会的弱者をストレートに描くことが可能になったのではないかと考えました。映画が終わった後にキャストやスタッフが紹介される映像が流れます。その時に歌われていた歌詞に注目しました。和訳なので微妙なニュアンスはわかりませんが、胸に突き刺さる心理的なコトバも、やがて風に流れていくといった趣旨でした。詳しい感想は後日に回します。

関連する投稿

  • 週末 今夜も土曜名画座 昨晩、職場での歓送迎会が横浜駅周辺のレストランでありました。遅い時間の帰宅になり、案の定、今日は制作が滞るほど気分が優れませんでした。年度初めの多忙感は毎年のことですが、陶彫制作が佳境を迎えるのと相 […]
  • 週末 映画&制作の日 今日は前から楽しみにしていた映画を観に行きました。ミニシアターでなければ上映しないような内容の映画で、横浜のシネマジャック&ベティで今日から上映しています。初日ということもあって今までになく混雑して […]
  • 週末 「表層」彩色&映画鑑賞 週末になりました。昨日は職場の歓送迎会があって、帰宅が深夜になりました。ただでさえ疲労が溜まる週末なのに、なかなか体調が戻らない状態で朝から工房に出かけました。今日は先日終わった「発掘~表層~」の砂 […]
  • GW② 柱陶制作と連夜の映画鑑賞 ゴールデンウィーク2日目になりました。今日も朝から工房に篭りました。「発掘~根景~」のやり残した陶彫部品のうち、テーブルの4本の柱に接着する陶板、つまり柱陶がほとんど出来ていないことに気づきました。 […]
  • 週末 陶彫制作&映画鑑賞 今日も朝から工房に篭りました。昨日の続きをやっていました。背の低いテーブル彫刻の陶彫部品がある程度出来上がってきたところで、早めに工房を閉めました。次の段階は次回にしようと思ったのでした。陶彫制作は […]

Comments are closed.