平成30年度の式典イベント

私たちの業種は、年間に何回かイベントが予定されています。イベントは式典的なものと祝祭的なものに分かれます。察しのよい方は、私たちがどんな業種なのか分かっていられると思いますが、拡散を恐れて敢えて業種を伏せて広報しています。今日は年度当初の式典のイベントが開催されました。ここから本格的な仕事が始まるのです。私はステージに立って式辞を述べる役職にあったため、どんなことを言おうか考えていました。実際には月並みなことしか言えず、私には面白い話題がないことをいつも悔やんでいるのですが、式典は滞りなく進んでいきました。式典はカタチを整えて、けじめをつけるものと考えれば、これでいいのかもしれません。私がやってきた二足の草鞋生活の中で、この式典は個性的な創作活動の真逆に位置するものです。ここまで異なる2つの世界に私は楽しみさえ見出しているのです。職業として二つの顔で棲み分けて行う行為に、私は不思議な満足感に浸れます。人にはジキルとハイドのような二重人格を得たいという願望がどこかに眠っているのかもしれません。ウィークディの仕事に私は彫刻家としての片鱗は一切見せません。組織の長として式典を司り、職員が適材適所で如何なく能力を発揮できているかを見定めています。この立場も私自身が大切にしているものなのです。

関連する投稿

  • 自分に問いかける… 創作活動での労働の蓄積は望むところですが、公務員管理職としての疲労の蓄積は、私の悩みの種になっています。来年度の人事を固めつつある現在は、来年度に向けて期待を膨らませると同時に、そのメンバーでどうや […]
  • 年度の折り返し地点 職場は4月初めから翌年の3月末までのサイクルで動いています。つまり年度で仕事の切り替えを行います。今日は年度のちょうど折り返し地点になり、上半期が終了したことになります。職場では特別に何か儀式がある […]
  • 日常と創作のバランス 現代美術はひと頃前と比べると社会生活に立脚している表現が増えてきました。震災以降、美術は何をすべきなのか、作家が自問自答している場面もありますが、美術作品が村おこしや単なるイベントに使われてしまう可 […]
  • 週末 若いスタッフの結婚式 相原工房に出入りしている若いアーティストを、私はスタッフと称しています。折に触れ、私の作品の手伝いをしてくれますが、助手ではないのでアシスタントとは呼べません。彼らは通常、相原工房で自らの作品を制作 […]
  • 体内時計の変化 周囲の高齢な方々を見ていると不眠症に悩んでいる人が結構います。60歳定年を過ぎても自分は再任用管理職として現役で仕事をしているため、定年前とまるで変わらない生活を送っています。まして30年も続いてい […]

Comments are closed.