4月RECORDは「突」

一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っている総称を、私はRECORDと言っています。そのノルマを自分に課して10年以上が経ちました。画面が小さくてもアイデアから下書き、彩色、仕上げにペン入れをすることが定番になりました。仕事から帰ってからRECORDを、夜の時間帯に食卓で描き上げることは、かなり厳しい日課になっていて、滞ることも暫しありました。下書きのまま食卓に山積みされていくRECORDを見ながら、いつか何とかしたいと思いつつ、仕事の疲れを言い訳にして、毎晩下書きを描き終えると睡魔が襲ってくる生活が続いていました。一念発起をしたのは先月のことで、山積みされたRECORDを夢中で仕上げました。集中したおかげで、色彩的に上手くいった作品もあり、一応満足を覚えました。10年継続してきたことは自負してもいいことかなぁと思っています。今年は月毎にパターンを決めてRECORDを作っています。今月は鋭利な三角形をパターンに取り込んで画面を構成することにしました。テーマは「突」に決めました。尖った形態が戦闘に使う武器のようでもあるし、魔除けの文様にも似ています。若い頃旅したルーマニアの奥地に点在する家々は、木造の門を構えていて、そこに鋭利な三角形が彫られていました。狼の牙を擬したカタチは魔除けの象徴でもあったようです。ルーマニア出身の彫刻家ブランクーシは、そうした民族的なカタチを彫刻に取り入れたことで、現代彫刻の扉を開いたのでした。そんなイメージをRECORDにしてみたいと考えました。今月も先月のように頑張っていきたいと思っています。

関連する投稿

  • 2月RECORDは「絡」 今年のRECORDは月毎に画面構成のパターンを決めています。2月は同一の柱が並ぶ画面構成にして、そこに有機的な物体が絡んでいくイメージで制作していこうかと思っています。下書きをすると画面全体が縞模様 […]
  • ブランクーシのアトリエ たまに記憶の底から甦るところにパリのブランクーシのアトリエがあります。20数年前の当時はポンピドーセンターの近くにあって写真でしか知らなかったブランクーシの作品が所狭しと置かれていました。思っていた […]
  • 「木」という素材 祖父が宮大工、父が造園業という環境で育った自分の周囲には木材が豊富にありました。でも木の美しさに触れたのは自分の生育歴からではなく、滞欧中に訪れたルーマニアのマラムレシュ地方に点在する木の家々を見た […]
  • ルーマニアの門 ウィーンで学生だった頃、紀行作家のみやこうせい氏と学生食堂で知り合い、それが縁で彼が取材していたルーマニアに度々同行しました。自分は彫刻を学んでいたので、ルーマニアといえばブランクーシに関連するもの […]
  • 充分な睡眠がとれる幸福 毎日ほとんど決まった時間に就寝できるのは、仕事の関係からしても自分は幸福な一人と言えそうです。さまざまな悩みを抱える職場なら、立場上眠れない日々もあるよと先輩管理職から言われたことがあるからです。時 […]

Comments are closed.