勤務終了後に映画鑑賞へ

来週から新年度が始まるため、新しく職場に来る方の面接や、部内での引き継ぎや片づけがあって、職員たちは着々と仕事をしていますが、私は追い詰められないと片付けが出来ない性分なので、ぼんやりとした時間を過ごしています。職員の相談に乗っていると、時間は瞬く間に過ぎていきます。自分の中では一応リセットをしているつもりですが、年度末の疲労は引きずっているようで、たまに咳が出ます。春うららかな日に、またもや散策に出たくなる気分になってしまいます。夕方は家内と常連の映画館に行きました。最近は芸術家を扱った映画が多いのですが、今日観た「DARK STAR H・R・ギーガーの世界」は芸術家本人が登場するドキュメンタリーでした。造形作家ハンス・ルドルフ・ギーガーは、30年前私がウィーンに住んでいた時に、その存在を知った芸術家でした。クンストメッセ(国際芸術見本市)に、ギーガーは多くの絵画を展示していて、その情報をウィーンの友人から聞きました。彼らは「悪魔に魂を売っている世界」と言っていましたが、暗い色彩を好む私には、魅惑とも言える闇の世界で、当時模索していた彫刻にも通じるものがありました。人間が機械と融合したバイオメカノイド、しかも性器がモチーフに使われていたために猥褻性を議論されることもあったようでした。1940年スイスで生まれたギーガーは、2014年に74歳で亡くなりました。米SF映画「エイリアン」のデザイナーとして名を馳せた造形作家は、画業の他にロックのアルバムジャケットや室内装飾も手掛け、多方面で活躍しました。映画の詳しい感想は後日改めたいと思います。

関連する投稿

  • 映画「セザンヌと過ごした時間」雑感 私は芸術家が苦悶するドラマが大好きで、史実を踏まえたフィクションであっても、その気分に浸ってしまう傾向があります。そんな意味でフランス映画「セザンヌと過ごした時間」は必ず観に行こうと決めていた映画で […]
  • 映画「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」について 私が家内とスペインのバルセロナを訪れたのは1981年だったと記憶しています。当時ウィーン国立美術アカデミーに籍があった私たちは、その夏にユーレイルパスを使って南欧に旅立ったのでした。目指したのはポル […]
  • 3500日のメモ 表題にした「3500日のメモ」とは何か、このNOTE(ブログ)の昨日までの投稿数です。2006年の3月16日(木)から始めたNOTE(ブログ)で、その日は「初めてのノートです。」という表題をつけまし […]
  • 週末 またしても土曜名画座へ 週末になりました。朝から工房で制作をしていました。今月初めに立てた制作目標がなかなか厳しくて、ともかくひたすら作り続けなければならない状況に自分を追い込んでしまっています。大きめのタタラを6枚作り、 […]
  • 追悼 アンジェイ・ワイダ監督 ポーランドを代表する映画を数多く世に送り出したアンジェイ・ワイダ監督が90歳で他界したニュースが先日流れました。ワイダ監督の映画は私がかつて暮らしていたオーストリアのウィーンでよく観ました。私が20 […]

Comments are closed.