新聞の小欄より

今朝、職場に届いていた朝日新聞の小欄が目に留まりました。生物学者の福岡伸一氏の寄稿によるもので、確か以前にも福岡氏の文章をNOTE(ブログ)に取り上げた記憶があります。内容は思春期の子どもたちのことについて書かれたものでした。文中から引用いたします。「大人はたいへんだ。生計を立て、パートナーを探し、敵を警戒し、縄張りを守らねばならない。対して子どもにだけ許されていることは?遊びである。闘争よりもゲーム、攻撃よりも友好、防御よりも探検、警戒よりも好奇心、現実より空想。それが子どもの特権である。」人間は成熟期が他の生物よりも長いのは、遊びにより脳を鍛え、知恵をつけるためというのが福岡氏の仮説です。これは私も同感です。子どもから大人へ変わっていく過程には、個人差があって、なかなか現実を捉えられない子が、夢のような将来を描いている場合があります。アニメーターになりたい、声優になりたい、それはそれで結構なことですが、厳しい現実に到底立ち向かえそうにない彼らを見ていると、芸術を追いかけてきた私ですら心配になります。また、家庭環境によって満足に子ども時代を送れなかった子どももいます。彼らを見ていると、さらに心配の種が尽きません。年齢とともにきちんと大人になっていく子どもは幸福です。多少歪んでいても、子どもらしい時代を過ごしていれば、思春期に軌道修正できると思うのです。児童文学者石井桃子のこんなコトバで小欄が締めくくられていました。「子どもたちよ 子ども時代をしっかりと たのしんでください。おとなになってから 老人になってから あなたを支えてくれるのは 子ども時代の『あなた』です」

関連する投稿

  • 休んでばかりいた日々 家内との会話の中で、自分が10代の頃にズル休みしたことを思い出しました。高校生だった自分は嘘の体調不良を訴えて、自宅で寝て過ごしていました。窓から空を眺めていて流れる雲をいつまでも目で追いかけていま […]
  • 思いが伝わる一遍の詩 今日職場で何気なく開いた新聞に掲載された一遍の詩に目がとまりました。造形作品と同じで、コトバにも出会いがあると思います。詩に綴られているコトバは自分の気持ちに訴えかけてきて、日常のちょっとした場面が […]
  • 文筆家の恩師からの手紙 横浜に住む文筆家笠原實先生から、個展の感想が書かれた手紙をいただきました。因みに笠原實先生は私の恩師です。毎年東京銀座まで足を運んでいいただいて、その場でお会いできなければ、後日感想を手紙にしていた […]
  • 信仰とはなにか?叔父の告別に捧ぐ 齢80歳で叔父量義治が逝去しました。今日は告別式でした。叔父は東大でカント哲学を専攻し、定年まで大学の教壇に立っていました。多くを語らなかった叔父ですが、自分の個展には度々来て示唆に富むコトバをかけ […]
  • RECORDとNOTE 毎日自分に課しているRECORDとNOTE。仕事から帰った夜の時間帯にやっています。ポストカード大にした厚紙ケントに鉛筆で下書きし、場合によってはペン入れするのがRECORD。彩色は5日分をまとめて […]

Comments are closed.