映画「ジャコメッティ 最後の肖像」雑感

待ち望んでいた映画「ジャコメッティ 最後の肖像」が横浜のミニシアターにやってきました。先日、早速観に行ったら、自分もジャコメッティの精神状態になりきってしまいました。私は煙草を吸わず、周辺に娼婦もいないので、彼とあまりにも環境が違いすぎるし、表現方法も対極的なので、真似をしようにも出来ませんが、魅力的な人物像に少しでも近づきたいと思ったのでした。本作は、1964年にパリのアトリエでモデルを務めたアメリカ人作家のJ・ロードによる18日間のジャコメッティとのセッションを描いています。ドラマ仕立ての映画であっても、ドキュメンタリーのような気配があり、私には表現に肉薄する巨匠の凄みさえ感じました。映画のほとんどが狭い古びたコンクリート色したアトリエが舞台で、密室劇にも関わらず、そこで展開する心理描写は、創作活動する者にとっては、共感できることが多いと思いました。哲学者でフランスに留学していた矢内原伊作が、やはりモデルを務めていて、それに関する多数の著作があったため、その雰囲気は予め文章で読み取ることは出来ました。映像になるとこんな感じなのかと改めて認識した次第です。ジャコメッティの人物を象徴する言葉を探していたら、パンフレットにこんな一文がありました。「ジャコメッティはストイックであると同時に気まぐれで、ユーモアがあると同時に癇癪もちで、自分の作り出すものに常に懐疑的であった。」(横山由季子著)モデルを務めた人たちが言うのだから人物の性格に間違いはないでしょう。追求に追求を重ね、完成を拒む作品。見えた通りに作ったら、針金のように細くなった作品。巨匠らしかぬ風貌。その姿を捉えた本作は、自分には極めて刺激的でユーモラスな映画であったと思っています。

関連する投稿

  • 三連休 制作&映画鑑賞 月曜日に成人の日があるため、今日から三連休が始まります。正月の休庁期間が明けて、2日間職場に出勤して、またこの三連休は、創作活動をする者にとっては嬉しい限りです。休庁期間にやり残した制作を続行するた […]
  • 2016年HP&NOTE総括 2016年の大晦日になりました。毎年この日は1年間の総括をしています。今年は7月にあった11回目の個展に「発掘~環景~」と「発掘~表層~」を出品しました。「発掘~環景~」の陶彫部品の数が多く、個展搬 […]
  • 微妙な気分で迎える3月 再任用管理職として年度末を迎えています。若い頃の計画では、定年退職したら晴れて彫刻家を名乗り、創作活動に邁進すると考えていました。当時は作業場もままならず、個展さえ憧れの対象であった頃の話です。その […]
  • 年度末そして3月最後の週末 年度末の最終日を迎え、勤務を要しない土曜日であっても、職場では荷物の片付けや整理をする職員がいたことでしょう。私は創作活動があるため出勤はしませんでしたが、私の書類の片付けもまだ終わっていません。今 […]
  • 9月は陶彫一辺倒 9月になりました。秋の気配が待ち遠しいこの頃です。創作活動は涼しくなる秋が一番向いていると思っています。今月は先月の陶彫成形の遅れを取り戻したいと考えています。先月の目標だった大きい陶彫6点のうち出 […]

Comments are closed.