「絵の証言」読後感

「絵の証言」(佃堅輔著 西田書店)を読み終えました。本書に取り上げられていた23人の芸術家の中から8人をホームページのNOTE(ブログ)にアップしました。23人の芸術家のうち日本では比較的知名度が定着している芸術家がいる一方で、私も知らなかった人もいました。生前のご本人を見たことがあるのはルードルフ・ハウズナーだけです。と言ってもウィーンの学校の廊下ですれ違っただけで、声もかけられなかったのでした。23人に対して言えば、全員が国際的な名声を得ていないだけで、いずれの芸術家もその時代の代弁者であることに変わりはありません。その時代を知り、そこで追求した造形的主張や表現の在り方を考える上で、本書は私にとって大変有意義な書籍となりました。日本の書店は美術専門書があまり売れないことがあって、棚の片隅に追いやられ、書籍そのものが無くなってしまう傾向にあります。東京の大きな書店に行った折に、あれもこれも仕入れてきますが、私などは僅少の読書家だろうと思います。その中でも北方ヨーロッパの近代美術に関する書籍は貴重です。自分が若い頃に生活した彼の地の空気感を知っているだけに、本書は北方ヨーロッパの曇り空が垂れ込める鬱陶しい季節とともに、不安定な時代背景に苦しんで孤軍奮闘していた芸術家を思い起こさせます。文化の違いこそあれ、それは日本でも同じだったのではないかと考えています。

関連する投稿

  • 芸術家宅を訪ねる随想 「瀧口修造全集1」に収められている「ヨーロッパ紀行」の中に、ダリを訪ねた時の随想が載っています。アトリエの中の描写やダリの人柄に、ほんの少しばかり親近感が持てるような気になります。スペインの海辺のア […]
  • 「無名性の錬金術師」を読んで 昨日に引き続き、種村季弘著「断片からの世界」に収められている美術評論で、今回はE・フックスに関するものです。ウィーン幻想派画家として国際的な名声をもつフックスは、ウィーンの多く画廊で銅版画を展示して […]
  • 「描かれた空想美術館」を読んで 昨日は何故ホルスト・ヤンセン展の回想を書いたかと言えば、今読んでいる種村季弘著「断片からの世界」にヤンセンの評論が掲載されていて、20数年前にウィーンで知った卓越した素描画家の様々な面を知ることがで […]
  • 創作絵本「ウド」の思い出 学生時代、彫刻を学ぶ傍らビジュアルな表現に興味を持ち、手製の絵本を作りました。当時好きだったドイツ表現派のモノクロの木版画を発想の源にして、数ページにわたる創作話を考え、文字のない絵本にしようと企画 […]
  • 「魔法の国の建築家」を読んで ホルスト・ヤンセンと同じように、カール・コーラップもウィーンで初めて知った画家です。種村季弘著「断片からの世界」にコーラップに関する評論が掲載されていたので、これを契機にコーラップの絵を知った時の昔 […]

Comments are closed.