週末 梅満開の工房にて

朝から工房に出かけ、窓のカーテンを開けると、満開の梅の花が眼に飛び込んできました。工房に来ていた多摩美の助手2人も暫し梅の花に見惚れていました。梅の木は亡父が畑の境に列を作って植えておいたもので、当時父は造園業を営んでいたので梅の木は売り物でした。このところすっかり幹が太くなって、毎年見事な花を咲かせるのです。しかも1本ではなく植えた当時のままなので、まさに工房には梅並木があると言っても過言ではなく、これをを鑑賞するのは壮観です。野鳥が時々やってきていました。梅の花は日本画の題材になるなぁと思いつつ、私を含めて工房には日本画を専攻する者が一人もいず、ただ私たちは眺めているだけでした。工房は亡父の植木畑に建っているので、これから木々に花が咲き乱れ、柑橘類が実ります。私はまだ周囲の環境を愛でる余裕が無く、工房の中でひたすら陶土に挑むだけですが、温かくなったら野外工房に椅子を持ち出して休憩するのもいいなぁと思います。今日は大きな陶彫成形をやりました。助手2人もそれぞれの課題に夢中で取り組んでいました。3人でゾーン状態、心理学で言うフローに入っていたようで、気がつくと夕方になっていました。集中力はどのくらい持続するものなのでしょうか。朝から夕方までとはいかないにしても、工房ではかなり長く集中力が持続しているような気がします。一緒に作業している者がいるため、これも心理学で言う社会的促進が働くのかもしれません。ふと我に返ると、半端のない疲労に襲われます。手の水分も脂分も陶土に取られてガサガサです。精神的には充たされますが、身体がしんどくて自宅のソファに倒れこんでしまいます。また来週頑張ります。

関連する投稿

  • 週末 陶彫新作の第一歩 今月最後の週末になりました。今月中にどうしても来年用の新作に取り掛かりたいと思い、今日は新しい陶彫部品を作るための第一歩を踏み出しました。陶土は継続的に使わなくては硬くなってしまい、造形が出来にくく […]
  • 週末 12月最初の週末 今月は陶彫成形を軌道に乗せるために奮闘努力する目標を掲げています。最初の週末である今日は朝から夕方までタタラ作りや陶彫成形に明け暮れました。前日に大きなタタラを数枚用意しておくのが通常の制作工程です […]
  • 週末 制作に精魂尽きた一日 日曜日は、土曜日とは違い、朝から夕方まで制作一辺倒で過ごせるほど体力的にも精神的にも余裕があるのです。今日は工房の窓いっぱいに広がる梅の枝に、花が咲いた時の驚きと喜びを今か今かと待ちわびながら一日を […]
  • 連続して制作が可能な日々 「働き方改革」により今年は職場が長めの休庁期間を設定し、私も夏季休暇5日間の他に年休をいただいて、今週は創作活動に邁進しようと思っています。連続して制作したのは年末年始の休庁期間以来です。たとえ数日 […]
  • 週末 焦らず休まず陶彫制作 日曜日はほぼ一日陶彫制作をやっています。土曜日はウィークディの疲労が残っているため、美術館や映画館に出かけることが多いのですが、制作工程を考えると、日曜日は朝9時から夕方4時くらいまで工房に篭ってい […]

Comments are closed.