週末 制作に精魂尽きた一日

日曜日は、土曜日とは違い、朝から夕方まで制作一辺倒で過ごせるほど体力的にも精神的にも余裕があるのです。今日は工房の窓いっぱいに広がる梅の枝に、花が咲いた時の驚きと喜びを今か今かと待ちわびながら一日を過ごしました。例年より梅の開花が遅いですねぇと工房に来ていた若いスタッフが呟いていました。彼女は来週末に搬入する大きな作品を作っていて、梅の開花と作品の完成を競い合っていました。梅はもうすぐ開花を迎えそうです。私は昨日準備したタタラを使って大きな陶彫成形を作っていました。毎週日曜日はがっつり陶土と格闘していて、タタラを紐作りで補ったり、表面を板で叩いたりして、求めるフォルムを目指します。午前中は寒さで手が悴むので、ストーブの傍で休憩しながらやっていますが、そのうち手のことは意識しなくなってしまい、欲求の赴くまま作業を続けてしまうのです。昼食の後、やや作業が緩む時間帯があるのですが、今日はそれもなくずっと緊張したまま作業を続けてしまいました。喉が渇いて、ストーブの傍に置いてあるペットボトルを取りに行ったら、若いスタッフも真剣な面持ちで自作に向き合っていました。声をかけて、2人して小休憩を取りました。私はこの年齢になり、創作に迷いはなくなりました。スタッフはまだ20代の女性なので、創作や生活のことにも迷いが生じているはずです。20数年生きてきて、今が一番多忙だと言っている彼女の顔には充実感も漲っています。創作活動が出来る場所が確保されていることは、彼女にとってある意味では幸運なことかもしれません。夕方、私は窯入れを行いました。明日と明後日は工房の電気が使えないよと彼女に断りつつ、工房を後にしました。自宅に帰ったら、私は精魂尽き果てた状態になり、ソファに倒れこんでしまいました。

関連する投稿

  • 週末 陶彫成形のやり直し 今日は朝から工房で制作に明け暮れました。スタッフは2人来ていて、それぞれの課題に向き合っていました。職場から絵を描きに来た職員も遅れて到着しました。今日の工房は賑やかでした。通常通りの制作風景でした […]
  • 週末 新作の成形・加飾 今日は朝から工房にいました。新作の成形に手を入れた後、表面に彫り込み加飾を行いました。陶土がちょうどいい乾燥具合になっていたので、ヘラや掻き出しベラを使って、矩形の彫り込みを施しました。身体中全てが […]
  • 週末 素材との対話 職場の残務整理のことが頭を過ぎりつつ、今日は朝7時から夜7時まで工房に篭りました。明日は別の用事があって制作三昧とはいかないのです。「発掘~層塔~」の残り陶彫部品が10個となっています。今日はそのう […]
  • 週末 制作&フェルメールに通じる映画鑑賞 昨日が休日出勤だったため、仕事から帰ってきた夜に、工房に出かけて陶彫成形のためのタタラを準備していました。今日は朝から工房に籠って、23個目になる陶彫制作をやっていました。朝から夢中になって制作をし […]
  • 週末 共有する制作時間 10月最初の週末です。私は「発掘~群塔~」の陶彫による10体の塔の上部に挑みます。まず、陶土を土錬機にかけて土練りするところから始めました。それからまず初めの1体を作ってみました。先月作っておいた下 […]

Comments are closed.