2月RECORDは「絡」

今年のRECORDは月毎に画面構成のパターンを決めています。2月は同一の柱が並ぶ画面構成にして、そこに有機的な物体が絡んでいくイメージで制作していこうかと思っています。下書きをすると画面全体が縞模様になりますが、自分の意識としては縞ではなく柱の捉えです。平面的な捉えより、そこに立体を見取っていく方が自分は面白いと感じていて、下書きをするときは常に空間を意識しているのです。先月のNOTE(ブログ)にクリムトの世界観を書いた文があります。琳派のような装飾的平面性と西洋的な立体解釈の人物像が、同じ画面に共存することによって、象徴化された世界が登場するといったようなことを書きました。その相対する世界が面白いと感じるのは私だけでしょうか。若い頃、ルーマニアやギリシャの教会で見たイコン(宗教画)にも、イエスや聖母マリアの周囲を平面的な図像が配置されていて、象徴的な美しさを際立たせていました。同一画面に共存する写実表現と平面装飾の織り成す世界は、対象を強調する心理的な効果を与えるのではないかと私は考えます。小さく些細なRECORDが、古今の流麗な作品に匹敵できるとは思いませんが、その要素を大いに取り入れていきたいと思っています。今月も頑張ります。

関連する投稿

  • 充分な睡眠がとれる幸福 毎日ほとんど決まった時間に就寝できるのは、仕事の関係からしても自分は幸福な一人と言えそうです。さまざまな悩みを抱える職場なら、立場上眠れない日々もあるよと先輩管理職から言われたことがあるからです。時 […]
  • 我が家にあるナイーヴ・アート 私は20代の頃、幾度となくルーマニアに出かけていました。当時住んでいたウィーンで紀行作家みやこうせいさんと知り合い、ルーマニアの現存民俗の取材に同行させていただいたことが、ルーマニアを身近に感じる契 […]
  • 聖夜に思うこと 今日はクリスマス(聖夜)です。イエス・キリストが生まれた日で、キリスト教徒にとっては重要な日です。30年以上も前にヨーロッパで過ごした聖夜は今もなお自分の印象に残っていて、かつてNOTE(ブログ)に […]
  • 横浜の「ルーマニア民俗写真展」 今日は盆供養のため住職が来たり、飼い猫のトラ吉を行きつけのホテル兼用動物病院に預けに行ったりして、忙しい半日を過ごしましたが、一番の多忙は明日から出かけるインドネシア旅行の準備でした。その合間を見て […]
  • 旅と旅行に関する私見 家内が「どこかへ旅行するというと辛さを覚える」と言うので、「何故?」と聞くと、若い頃に滞欧生活を引き上げる際、バスを乗り継ぎながらトルコやギリシャを数ヶ月かけて旅したこと、そればかりではなくヒッチハ […]

Comments are closed.