映画「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」雑感

先日、常連になっている横浜のミニシアターに家内と「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」を観に行きました。建築をテーマにしている映画は、確か2015年に「創造と神秘のサクラダ・ファミリア」を観に行った以来です。元々建築家の生き方を取り上げている映画が少ないこともあって、これは極めて珍しい映画とも言えます。建築家ル・コルビュジエの作品は世界文化遺産に登録されていて、日本の東京国立西洋美術館もそのひとつです。映画は家具デザイナーとして活躍したアイリーン・グレイの肘掛け椅子が最高額で落札されたシーンから始まりました。そのシンプルなデザインに衝撃を受けたル・コルビュジエ。アイリーンの恋人になるバドヴィッチとの関係を保ちながら、アイリーンとバドヴィッチが設計した海辺の家を見てル・コルビュジエは彼女に対し、称賛から嫉妬に変わっていくのでした。海辺の家「E.1027」を巡って、アイリーンとバドヴィッチ、ル・コルビュジエの交流が微妙な影を落としていく中で、「住宅とは住むための機械である」と主張するル・コルビュジエと「機械ではなく人を包み込む殻だ」と返答したアイリーンとの憎悪入り混じる関係性が随所に描き出されていました。「E.1027」に無断で壁画を描いてしまうル・コルビュジエにも驚かされました。ル・コルビュジエは建築に機能的なシンプルさを求めたのではなかったのか、壁画は建物を保存するためにやったことなのか、アイリーンの才能に対する嫌がらせだったのか、私にはよく分からないシーンでした。芸術的な感覚の鬩ぎ合い、枠に囚われない生活ぶりなどを洒落た雰囲気で包み込んだ映画というのが、最終的な私の感想です。私の感覚に合わないのではないかと揶揄した家内に対して、日ごろ芸術に触れていれば、共感できる部分も多かった映画とも感じられたので、私個人としては十分楽しめたのでした。

関連する投稿

  • ミニシアターの先駆的存在 東京神保町にある岩波ホールは、昔から時々出かけていました。最近は地元の横浜にあるシネマジャック&ベティに通っていますが、商業ベースに乗らない映画を観るとなれば、岩波ホールと決めていた時期がありました […]
  • 勤務終了後、夜の名画座へ 昨夜、常連になっている横浜の中心街にあるミニシアターに行ってきました。レイトショーは夜9時から始まったため、自宅に帰ったのが午前0時前でした。時間的に昨日のNOTE(ブログ)にアップできなかったので […]
  • 映画「ウィンストン・チャーチル」雑感 先日の夜、仕事から帰って夕食を済ませた後、急な思いつきで映画「ウィンストン・チャーチル」に行ってきました。第90回アカデミー賞の主演男優賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞の2冠に輝き、しかもメイク […]
  • 酷暑の7月を振り返る 今日は7月の最終日です。7月は毎年ギャラリーせいほうで個展を企画していただいているので、私にとっては年度替わりのような気分がしています。新たな作品を作り始める1ヵ月でもあるのです。実際の制作はもっと […]
  • 映画「フジコ・ヘミングの時間」雑感 横浜のミニシアターにはレイトショーがあって、仕事帰りに立ち寄れる時間のため、映画を容易に楽しめることが出来るので重宝しています。独特な音楽観を持つピアニストのフジコ・ヘミングは、以前テレビで紹介され […]

Comments are closed.