大雪に見舞われた一日

豪雪地帯では日常茶飯な降雪ですが、首都圏では交通が乱れ、帰宅困難になる人が大勢出てしまいます。私の職場でも、降り積もる雪を見ながら、昼食時に全職員に集まっていただき、今日は定刻で帰ることを決めました。帰宅困難になることを避けるため、今日は残業を認めない方針を私が取ったのでした。夕方5時に全員撤収して施設を閉めました。それでも駅まで行くバスがなかなか来ず、また電車のダイヤは乱れていました。雪が風に煽られ、顔に横殴りの吹雪が当たりました。そんな環境に慣れていないせいか、帰宅時は寒さに凍えそうでした。毎年この時期に大雪に見舞われます。何年か前に私は自宅近くの坂で横転し、背中を強く打ちました。そのトラウマがあって、私は坂の上り下りには慎重になってしまうのです。雪が楽しかったのは子どもの頃だけで、今は明日の仕事のことを考えてしまいます。明日の出勤は、職場ではなく桜木町周辺で会議が3つあり、自宅からそこまでどうやって行こうか思案しています。自宅は小高い丘の上にあるので、バス停留所のあるところまで、どの道を選ぼうか積雪を考えながら歩いていくのです。明日はどうなることやら…。

関連する投稿

  • 平成30年度の大鍋コミュニケーション 私の職場に新しい職員たちがやってきました。人と人とのコミュニケーションは食事から始まるというのが、私の組織融合論です。それは理屈ではなく、まず一緒に鍋を囲みましょうと誘うのです。仕事が終わってからの […]
  • 今年度最後の儀式的イベント このNOTE(ブログ)では私の職種を明らかにしていませんが、秋にあった祝祭的イベントが新聞報道されたため、職種が新聞に掲載されてしまいました。このNOTE(ブログ)を同業者の方も読んでいただいている […]
  • 週末 あれから7年… 未曾有の東日本大震災から7年が経ちました。この3月11日が職場の稼業日に当たった時は、私は施設内外に向けて一斉放送を流し、1分間の黙祷を行いました。街行く人もその場で立ち止まって黙祷していたのが印象 […]
  • 社交性と内向性 社交性と内向性、自分はどちらかに偏っているとすれば、内向性だと思っています。公務員管理職としての立場があると、どうしても大勢の人の前で話をする機会や、情報交換等で人と交流する場面が多いのですが、私の […]
  • 自分に問いかける… 創作活動での労働の蓄積は望むところですが、公務員管理職としての疲労の蓄積は、私の悩みの種になっています。来年度の人事を固めつつある現在は、来年度に向けて期待を膨らませると同時に、そのメンバーでどうや […]

Comments are closed.